建設業許可に解体工事業が追加されます

神奈川県川崎市の会社設立・起業支援センターです。

建設業許可の業種区分が見直されます

建設業の許可は28の業種に区分されています。からその業種区分が見直され、1種類増えて29業種になります。

具体的には、「とび・土工・コンクリート工事」の中に入っていた「解体工事」について、業種区分が新設されます。つまり、500万円以上の解体工事を請け負うには、解体工事業の許可が必要になります。

500万円未満の解体工事を請け負う場合には、これまで通り解体工事業の登録でOKです。

これから増えるであろう建物の建て替えなどに解体工事は欠かせません。

解体工事業を独立させることにより、専門知識のある経験豊富な技術者を増やし、事故防止につなげようという考えだと思われます。

解体工事業

建設工事の種類建設業種の区分内容例示
解体工事解体工事業工作物の解体を行う工事工作物解体工事

経過措置

この「解体工事」の分離・新設は、2016年(平成28年)6月に開始される予定です。それ以降は500万円以上の解体工事を行なうには解体工事業の許可が必要になります。

経過措置が施される予定です。

その内容は

  1. 施行日時点でとび・土工工事業の許可を受けて解体工事業を営んでいる建設業者は、引き続き3年間(公布日から計5年間程度)は解体工事業の許可を受けずに解体工事を施工することが可能。
    (当該建設業者は、この経過措置期間中(公布日から5年間程度)とび・土工・コンクリート工事に係る技術者の配置でも解体工事の施工が可能。)
  2. 施行日前のとび・土工工事業に係る経営業務管理責任者としての経験は、解体工事業に係る経営業務管理責任者の経験とみなす。

といったものです。

とび土工工事と解体工事については以下のように考えられています。

とび土工工事と解体工事について(許可及び資格)

  • 5年目までは、とび土工の資格(許可)をもって解体工事を請け負うことができる。
  • 6年目以降にとび土工工事と解体工事の両方を継続する場合は、両方の許可及び資格が必要。

会社設立・起業支援センターと建設業許可申請

神奈川県川崎市の会社設立・起業支援センターでは、自動建設業を始めるための建設業許可申請の代行だけではなく、会社設立の代行やインターネットを活用した起業支援を行なっています。

今やビジネスをするには、インターネットの活用が当たり前です。ですが、起業当初からインターネットをうまく活用できている方は多くありません。

あなたもインターネットを活用した集客支援を受けてみたいと思いませんか?

インターネットを活用した集客支援についてはこちら(↓)をご覧ください。

インターネットを活用した集客支援サービスとは
会社設立で知っておきたいポイント:インターネットを活用した集客支援サービスとは あなたもきっと会社を設立したらホームページを持とうと思っていることでしょう。 自分で作ろうか、ホームページ制作会社に頼もうか迷っているかも分かりません。...

会社の設立も建設業許可申請手続も、慣れない人にとっては大変なことばかりです。

神奈川県川崎市の会社設立・起業支援センターでは、建設業の会社の設立手続きを代行するだけではなく、建設業許可の申請の代行もしています。

あなたご自身が起業準備に専念することができるように、会社設立・起業支援センターがしっかりとご支援いたします。