スポンサーリンク
デル株式会社

神奈川県で会社を設立するには

会社設立・起業支援センターは、会社設立・起業支援の専門家として、神奈川県で会社を設立したいと考えている人たちを支援しています。

神奈川県には、19の市、13の町、1の村があります。厚木市、綾瀬市、伊勢原市、小田原市、鎌倉市、川崎市、相模原市、座間市、逗子市、茅ヶ崎市、秦野市、平塚市、藤沢市、三浦市、大和市、南足柄市、大和市、横須賀市、横浜市、愛川町、大井町、大磯町、開成町、寒川町、中井町、二宮町、箱根町、葉山町、松田町、真鶴町、山北町、湯河原町、清川村です。

株式会社を設立するには、大きく分けて二つのステップがあります。定款認証と登記申請です。

株式会社を設立する場合、定款を作成した後に、公証人の認証を受ける必要があります。そのためには公証役場に行かなければなりません。認証を受ける前のチェックを受けるためにFAXすることもあります。

「会社設立・起業支援センター」では、行政書士があなたの代わりにそれらの手続を行ないます。

あなた自身が法律用語に詳しくなくても、行政書士からの質問に答えていくことで定款の内容を決めることができ、その内容に基づいて、行政書士があなたが経営する会社の定款を作成します。

定款の認証を受けるには、本来なら定款には4万円の収入印紙を貼らなければなりません。会社設立・起業支援センターでは定款を電子文書(電子定款と言います)で作成するので、その4万円を節約することができます。電子定款には、収入印紙を貼る必要がないからです。電子文書(pdf)なのでそもそも物理的に貼れませんが、、、

これが、会社設立・起業支援センターのサービスを利用するメリットの一つです。

神奈川県での会社設立手続き

会社設立手続き1:定款認証

神奈川県で株式会社を設立する場合、神奈川県内(横浜地方法務局管内)の公証役場で定款の認証を受けます。

神奈川県内(横浜地方法務局管内)の公証役場の情報は以下の通りです。

ちなみに、合同会社を設立する場合には、定款の認証を受ける必要はありません。

神奈川県の公証役場

名称所在地
博物館前本町公証役場〒231-0005
横浜市中区本町6-52
本町アンバービル5F
電話:045-212-2033 FAX:045-212-3613
横浜駅西口公証センター〒220-0004
横浜市西区北幸1-5-10
東京建物ビル4階
電話:045-311-6907 FAX:045-311-0660
関内大通り公証役場〒231-0047
横浜市中区羽衣町2-7-10
関内駅前マークビル8階
電話:045-261-2623 FAX:045-243-2532
みなとみらい公証役場〒231-0011
横浜市中区太田町6-87
横浜フコク生命ビル10階
電話:045-662-6585 FAX:045-662-7898
尾上町公証役場〒231-0015
横浜市中区尾上町3-35
横浜第一有楽ビル8階
電話:045-212-3609 FAX:045-212-5560
鶴見公証役場〒230-0051
横浜市鶴見区鶴見中央4-32-19
鶴見センタービル202号室
電話:045-521-3410 FAX:045-521-3435
上大岡公証役場〒233-0002
横浜市港南区上大岡西1-15-1
camio(カミオ)ビル4階403-2号室
電話:045-844-1102 FAX:045-844-1102
藤沢公証役場〒251-0025
藤沢市鵠沼石上2-11-2
湘南Kビル1階
電話:0466-22-5910 FAX:0466-22-5958
川崎公証役場〒210-0007
川崎市川崎区駅前本町3-1
NMF川崎東口ビル11階
電話:044-222-7264 FAX:044-222-5894
溝ノ口公証役場〒213-0001
川崎市高津区溝口3-14-1
田中屋ビル2階
電話:044-811-0111 FAX:044-812-4232
横須賀公証役場〒238-0006
横須賀市日の出町一丁目7番地16
よこすか法務ビル202号室
電話:046-823-0328 FAX:046-827-8328
小田原公証役場〒250-0011
小田原市栄町1-8-1 Y&Yビル6階
電話:0465-22-5772 FAX:0465-23-3992
平塚公証役場〒254-0807
神奈川県平塚市代官町9-26
M宮代会館4階
電話:0463-21-0267 FAX:0463-22-7726
厚木公証役場〒243-0018
厚木市中町3-13-8
セトビル2階
電話:046-221-1813 FAX:046-221-1819
相模原公証役場〒252-0231
相模原市中央区相模原4-3-14
相模原第一生命ビルディング5階
電話:042-758-1888 FAX:042-758-2228

会社設立手続き2:設立登記

無事に定款の認証を受けることができたら、次は法務局で会社の設立登記を行ないます。

株式会社の設立登記をするには、さまざまな必要書類があります。行政書士・司法書士が、あなたに連絡しながら、スムーズに会社の設立登記ができるようにしっかりとサポートします。

慣れない人がさまざまな書類を揃えるのは本当に大変だと思います。今までに株式会社を設立したことがない人は、戸惑うことばかりでしょう。

そのような戸惑いがストレスにならないように、「会社設立・起業支援センター」に任せてみたいと思いませんか?

法務局への登記申請もしっかりと行ないます。会社設立手続きは会社設立の専門家に安心してお任せください。

神奈川県の会社設立登記の管轄は、以下のとおりです。

横浜市と川崎市で株式会社を設立する場合は、横浜地方法務局 本局に申請します。

横浜地方法務局本局情報

名称所在地
横浜地方法務局〒231-8411
横浜市中区北仲通5丁目57番地 横浜第2合同庁舎
TEL:045(641)7461(代表)

横浜市及び川崎市を除く神奈川県全域で株式会社を設立する場合は、横浜地方法務局 湘南支局に申請します。

横浜地方法務局 湘南支局情報

名称所在地
湘南支局〒251-0041
藤沢市辻堂神台二丁目2番3号
電話:0466(35)4620

設立登記を申請して、1週間程度で登記が完了します。設立登記が完了して初めてあなたの会社の誕生です。

会社の活動開始

無事に会社の登記が完了したら、いよいよ会社の営業活動を開始する段階です。

事業の内容によっては、営業するためには行政庁の許可などが必要なことがあります。許可などを受けないで営業すると罰せられることがあります。

許可などが必要な業種については、『監督官庁に許認可等の申請をする』を参照してください。

お得な会社設立代行サービス

「会社設立・起業支援センター」の会社設立代行サービスを利用すると、売上増に直結する集客支援のサービスも受けることができます。

『スマートフォン時代のインターネット集客』というPDFレポートを受け取ることができ、さらにわからない点をメールで質問することもできます。

起業した会社の7割以上が廃業する現在、勝ち組企業は、強い集客力によって、売上をどんどん伸ばしています。つまり、集客力がなければ、会社はジリ貧なのです。

あなたの会社が廃業することがないように、起業時から集客支援を受けることができるのは嬉しいと思いませんか?

会社設立手続きを代行してもらうことができ、同じ料金内で、集客支援もしてもらえる。

このようなサービスは他にありません。

あなたがこだわっている商品やサービスの販売を開始し、どんどん売上を増やしてください。

あなたのビジネスが順調にスタートできるように、しっかりサポートいたします。

他では得ることができないさまざまな特典がある会社設立手続き代行サービスです。

起業で成功するために、ぜひ利用することをおススメします。

インターネットを活用した集客支援についてはこちら(↓)をご覧ください。

インターネットを活用した集客支援サービスとは
会社設立で知っておきたいポイント:インターネットを活用した集客支援サービスとは あなたもきっと会社を設立したらホームページを持とうと思っていることでしょう。 自分で作ろうか、ホームページ制作会社に頼もうか迷っているかも分かりません。...

会社設立手続代行サービスについてはこちら(↓)をご覧ください。

株式会社設立手続代行サービス
起業しようとしているあなたへ 自分で株式会社の設立をする場合、本を買って読んだりインターネットで検索したりして、株式会社の設立に必要な事柄を調べなくてはなりません。その上で、定款やその他の書類を作成することになります。かなりの時間を費やす...

あなたご自身が開業準備に専念することができるように、そして開業後も安心してビジネスを続けていけるように、会社設立・起業支援センターがしっかりとお手伝い致します。