月次支援金の上乗せ/横出し給付(東京都の中小企業者等月次支援給付金)について

東京都の中小企業者等月次支援給付金とは

東京都は、2021年4月以降に発出された緊急事態措置等に伴う飲食店の休業・時短営業又は外出自粛等の影響により、売上高が減少した東京都内中小企業等を対象に、国の月次支援金に対して支給金額を加算(上乗せ)するとともに、国制度の対象要件を緩和し、支給対象を拡大(横出し)して、東京都独自に給付します。

ここでは、4,5,6月分について説明しています。

東京都中小企業者等月次支援給付金は7,8月分も決定されています。

※更新が追い付いていないことがあります。その場合は、ご容赦ください。

給付対象者(上乗せ・横出し共通)

  • 東京都内に本社・本店のある中小企業等及び東京都内に住所のある個人事業者等
  • 東京都内に本社・本店のある酒類販売事業者

給付額

上乗せの場合

2019年又は2020年の基準月の売上と比較した2021年の対象月の売上が

1)70%以上減少の酒類販売事業者

  • 中小企業等:40万円
  • 個人事業者等:20万円

2)50%以上減少の酒類販売事業者

  • 中小企業等:上限20万円/月
  • 個人事業者等:上限10万円/月

3)50%以上減少の酒類販売事業者以外の事業者

    • 中小企業等:上限5万円/月
  • 個人事業者等:上限2.5万円/月

横出しの場合

2019年又は2020年の基準月の売上と比較した2021年の対象月の売上が

1)30%以上50%未満減少の酒類販売事業者

  • 中小企業等:上限10万円/月
  • 個人事業者等:上限5万円/月

2)30%以上50%未満減少の酒類販売事業者以外の事業者

  • 中小企業等:上限10万円/月
  • 個人事業者等:上限5万円/月

※月ごとに売上高の減少額に応じて給付額を決定(定額給付ではありません)
※対象月:2019年又は2020年の同月比で、売上が30%以上減少した2021年4・5・6月
※基準月:2019年又は2020年における対象月と同じ月

支給の考え方

支給の考え方(4,5,6月分)

申請受付期間

2021年(令和3年)7月1日(木)~10月31日(日)

特例の申請開始は2021年(令和3年)7月20日(火)です

(東京都の報道発表資料『東京都中小企業者等月次支援給付金』より)