Amazonタイムセール祭り(2月5日まで)ポイントアップキャンペーン同時開催中

インボイス登録申請書類をらくらく作成する方法

スポンサーリンク

5分でインボイス制度登録書類を作成可能!

インボイス制度が2023年(令和5年)10月1日から始まります。インボイス発行事業者になる場合は、原則2023年3月31日までに登録申請をする必要があります。

東京商工リサーチによると、2022年(令和4年)10月末時点の事業者登録数は143万3,500件で、法人の登録率は60.5%、個人企業の登録率は14.9%だそうです。
また、同じく東京商工リサーチが実施したアンケートでは、制度開始後は免税事業者と「取引しない」との回答は9.8%で、半数近くが「未定」だったそうですが、「取引しない」回答は増える恐れもあるとの見解です。
(出典:インボイス制度の登録が難航 10月末の登録率は37.1%、個人企業は14.9%と低迷(東京商工リサーチ))

クラウド会計のfreeeでは、インボイス発行に必要な適格請求書発行事業者の登録申請書を完全無料で作成できるサービス「freeeインボイス登録申請ナビ」を用意しています。

フォームにしたがって項目を入力していくだけで、5分で書類を作成できます。しかも、難しい所は解説があるから安心です。

また、インボイス制度に対応すべきかをチェックできる「インボイス制度対応簡易診断」も公開しています。

登録申請が未だ済んでない方、登録するかどうか迷っている方は、活用してみてはいかがでしょうか。

「freeeインボイス登録申請ナビ」、「インボイス制度対応簡易診断」の詳細・ご利用はこちら
freeeインボイス登録申請ナビ