月末タイムセール 大好評開催中!【日本HP】

レンタルサーバー『エックスサーバー』

本ページにはプロモーションが含まれています

国内シェアNo.1レンタルサーバー『エックスサーバー』

「エックスサーバー」はエックスサーバー株式会社が運営するレンタルサーバーです。
コストパフォーマンスに優れたサーバーとして人気があります。

W3Techs の調べによると、国内でのシェアは第1位です(2023年10月時点)。
(参考:https://w3techs.com/technologies/segmentation/sl-jp-/web_hosting)

エックスサーバーの無料お試し期間は10日間あります。

エックスサーバーの料金プラン

エックスサーバーには、月額990円から利用できる「スタンダード」をはじめとして、3つのプランがあります。

エックスサーバーのプランの一覧

  スタンダード プレミアム ビジネス
初期費用 0円 0円 0円
月額 990円~ 1,980円~ 3,960円~
vCPU/メモリ 128コア / 1024GB 128コア / 1024GB 128コア / 1024GB
vCPU / メモリ
リソース保証
6コア / 8GB 8コア / 12GB 10コア / 16GB
ディスク容量 300GB 400GB 500GB
独自ドメイン
永久無料特典
あり あり あり

プランごとの月額料金

  スタンダード プレミアム ビジネス
初期費用 0円
契約期間 月額料金
3ヶ月 1,320円 2,640円 5,280円
6ヶ月 1,210円 2,420円 4,840円
12ヶ月 1,100円 2,200円 4,400円
24ヶ月 1,045円 2,090円 4,180円
36ヶ月 990円 1,980円 3,960円

エックスサーバーの特長

高速・多機能・高安定性の観点において、下記の特長があります。

圧倒的ハイスペックで【サーバー速度No.1】

  • 1台あたり1千万円を超える最新の商用サーバー機器を採用
  • 超高速WordPress実行環境「KUSANAGI」を開発するプライム・ストラテジー社との戦略的提携に基づく高速化技術を導入
  • 安定的なサーバー速度を提供する「リソース保証機能」を導入
    いつでも高速、圧倒的なリソース保証量

運営に便利な充実機能が盛りだくさん

  • 初期費用無料、月額990円(税込)から、大容量300GBからの高コストパフォーマンス
  • マルチドメイン、メールアドレス無制限!独自SSLを無料で利用可能
  • 独自ドメインが1つ無料で利用できる「独自ドメイン永久無料特典」

安心・安全な運用実績と充実のサポート体制

  • 初心者でも安心の24時間365日メールサポート
  • 電話サポートあり!専任スタッフが対応!

「SPF設定」が簡単

サーバーパネルに「SPF設定」機能が追加されました。初心者の方でも簡単に設定ができます。

SPF(Sender Policy Framework)とは、なりすましなどの迷惑メール対策に有効な、送信ドメイン認証の仕組みのひとつです。

DNSレコードにメールサーバーの情報を登録することで、正当なサーバーからメールが送られていることを証明します。

「SPF設定」を活用することで、なりすましメールを防止できるほか、送信したメールが送信先で迷惑メールに判定されることを防ぐなど、メールセキュリティの強化が可能です。

SPFの設定は、サーバーパネルからたったの3クリックでとても簡単です。

SPFの設定手順
  • Step1
    「SPF設定」をクリック
    サーバーパネルへログインし、「SPF設定」をクリックします。
  • Step2
    設定対象ドメインの設定を「ONにする」をクリック
    設定するドメインまたはサブドメインを選択し、「ONにする」をクリックします。
  • Step3
    「ONにする」をクリック
    内容を確認し、「ONにする」をクリックします。
  • Step4
    SPF設定完了
    SPF設定画面で設定したドメインの設定内容に「ON(標準設定)」と表示されていれば設定完了です。

エックスサーバーでは、新規ドメイン追加時は、SPF設定がデフォルトで「ON」になります。独自ドメインに対して自分でSPF設定を追加する必要はありません。

エックスサーバーの「SPF設定」はGmail対応も簡単

Gmail利用時の設定もたったの2クリックのみでOKです。初心者の方も大丈夫。

SPF設定へのGmail対応追加の手順
  • Step1
    「Gmail許可の追加」をクリック
    設定内容が「ON(標準設定)」のドメインまたはサブドメインを選択し、「Gmail許可の追加」をクリックします。
  • Step2
    「追加する」をクリック
    内容を確認し、「追加する」をクリックします。
  • Step3
    設定完了
    SPF設定画面で設定したドメインの設定内容に「ON(標準設定+Gmail許可設定)」と表示されていれば設定完了です。

送信ドメイン認証「DKIM」に対応

  • エックスサーバー全プランで送信ドメイン認証「DKIM」に対応し、送信メールの信頼性と到達率が向上
送信ドメイン認証技術「DKIM」とは

DKIM (DomainKeys Identified Mail)は、電子署名を利用した送信ドメイン認証技術です。

送信者がメールに電子署名を付与し、受信者はDNSサーバーから公開鍵を取得し、電子署名の正当性を検証します。

メールアドレスが偽装されていないこと、メールの内容が改ざんされていないことを証明できるため、より信頼度の高いメール送信が可能になります。

送信ドメイン認証技術「DKIM」のメリット

送信ドメイン認証技術「DKIM」を使用すると以下のようなメリットがあります。

  • 送信メールアドレスに使用されているドメインの正当性の検証が受信者側から可能になる
  • 送信メールが迷惑メールとして誤検知されるリスクが軽減される
  • 企業間におけるメールによるコミュニケーションのセキュリティが強化される

DKIMの設定は、サーバーパネルからとても簡単にできます。

DKIMの設定手順
  • Step1
    「DKIM設定」をクリック
    サーバーパネルへログインし、「DKIM設定」をクリックします。
  • Step2
    「DKIM設定追加」をクリック
    対象ドメインを選択し、「DKIM設定追加」をクリックします。
  • Step3
    「設定する」をクリック
    DKIM設定を追加するドメインを選択し[設定する]をクリックします。
  • Step4
    DKIM設定完了
    「DKIM設定一覧」にドメインが追加されたら設定は完了です。

「DMARC」にも対応し、なりすまし防止とメール到達性が向上!

Gmail等のセキュリティ基準の高いメールサービスに対して、メールの到達性を向上させます。
なりすましメールの送信防止対策としても有効です。

エックスサーバーの「DMARC設定」は、サーバーパネル上からクリックのみで設定できます。
だから専門知識がなくても大丈夫です。

上述の「SPF」、「DKIM」も含め、主要な送信ドメイン認証技術すべてに対応したことで、より厳格な用途におけるメールの利用が可能となっています。

高性能スパムフィルタ「Cloudmark Authority」を標準装備

「Cloudmark Authority」は、世界最高水準の信頼性と高い検知精度を誇る高性能なスパムフィルタです。

「Cloudmark Authority」は、99%を超える検知精度で脅威を的確に検知するため、より安全なメール運用が可能です。

『エックスサーバー』全プランで標準提供のため、『エックスサーバー』を契約すれば、誰でも無料で「Cloudmark Authority」を利用できます。

エックスサーバー各プランにおける設定上限

プランによって1サーバーアカウントごとに設定可能なメールアカウント数が異なります。
プランごとの提供数は次のとおりです。

スタンダードプラン:  100個
プレミアムプラン :  100個
ビジネスプラン  : 1,000個

用途に応じたWordPressテーマが手軽に利用可能

「WordPressテーマインストール」機能を利用することにより、WordPressで人気があるテーマをダウンロードする手間をかけずにインストールすることができます。

「WordPressテーマインストール」機能が対応しているWordPressのテーマは、以下の通りです(2023年7月28日時点)。

無料のWordPressテーマ

  • Cocoon
    ブログ用大人気無料テーマ
    主な用途:ブログ
  • Lightning
    サイト構築に人気の無料テーマ
    主な用途:コーポレートサイト

有料のWordPressテーマ

  • XWRITE
    エックスサーバーが開発
    ブログ運営に最適な機能が多数
    主な用途:ブログ
  • SWELL
    シンプルかつ洗練されたデザイン
    主な用途:ブログ
  • Snow Monkey
    Webサイト制作におすすめ
    中級者~上級者向け
    主な用途:コーポレートサイト
  • Emanon Business
    ビジネスサイトにおすすめ
    個人事業主・中小企業向け
    主な用途:コーポレートサイト
  • LIQUID INSIGHT
    コンテンツマーケティング向け
    主な用途:ブ