スマホ対応集客用サイトの構成

スマートフォン対応集客用サイトの構成

スマホ対応集客用サイトの構成は、

  • パソコン・スマートフォン両方からのアクセスに対応している
  • 集客(問合せ)に特化している
  • トップページはLP(ランディングページ)型がよい
    LP型というのは、縦長のページのことをいいます

スマホ対応集客サイト

左側のパソコン用のサイトは2カラムですが、縦長のLP型になっています。
右側がスマートフォン用のサイトです。こちらも同じものなので縦長のLP型です。

スマートフォンサイトでは、
①ヘッダ画像をパソコン用サイトとは違うものにして、電話番号ボタンを押すだけで電話をかけられる
②画面下部に電話番号ボタンを目立つように常時表示させて、押すだけで電話をかけられる
ようにします。

スマートフォン対応では、ここが凄く重要なポイントです。
レスポンシブ・ウェブデザインでは、これができません。できるところはあるかもしれませんが、少ないと思います。

トップページをLP型にするというのは、お客さんに画面遷移をさせないで申込をしてもらうためにはLP型がいいとされているからです。

パソコンサイトの場合は、グローバルメニューやサイドバーから色々なページを見てくれますが、スマートフォンの場合は色々なページを見るということはあまりありません。

スマートフォンサイトで画面遷移をさせると、すぐに離脱してしまうという傾向があります。

ですので、縦に長いLP型が集客用には適しているといえます。

ホームページのスマホ最適化のまとめ

これからのホームページは、デバイスに合わせた型で表示する必要があります。コンテンツは1つで、URLは1つになるようにスマートフォンの対応をしっかりする必要があります。

レスポンシブ・ウェブデザインでも、ユーザーエージェントの振り分けの形でもいいです。

ただし、集客を考えたホームページにしてください。

集客を考えずに、従来のホームページをレスポンシブ・ウェブデザインで作りかえたとしても、集客できるようにはなりません。

スマートフォン対応は必ず必要ですが、どのような集客サイトにするかをまず考えることが重要です。

 

会社設立・起業相談無料

起業・会社設立について疑問や不安などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。起業後のことを一緒に考えてみませんか?

ホームページのスマホ最適化
スポンサーリンク
会社設立・起業支援センター