会社設立・起業支援センター

新型コロナウイルス関連

持続化給付金の法人成り特例について

法人成りとは、個人事業者から法人化することを言います。 持続化給付金の法人成り特例とは、法人の対象月の売上台帳等と個人事業者の確定申告書類の控えを比較して申請をすることを言います。 持続化給付金の法人成り特例の条件 次の場合に、持...
新型コロナウイルス関連

持続化給付金の2019年新規創業特例について

2019年1月から12月末までに設立された中小企業等の法人は、下記の条件を満たす場合、2019年新規創業特例を利用することができます。 2020年の対象月の月間収入が、2019年の月平均の事業収入より50%以上減少していること ...
新型コロナウイルス関連

持続化給付金の2019年新規開業特例について

2019年1月から12月末までに新規開業した個人事業主は、下記の二つの条件を満たす場合、2019年新規開業特例を利用することができます。 2020年の対象月の月間収入が、2019年の月平均の事業収入より50%以上減少していること ...
スポンサーリンク
新型コロナウイルス関連

持続化給付金の2020年新規開業特例について

2020年1月~3月の間に創業したフリーランスを含む個人事業者も新型コロナウイルス感染症に関する持続化給付金の支給対象に加わりました。 2020年1月~3月の間に創業した中小法人等の方はこちらをご覧ください。 2020年新規開業特例...
新型コロナウイルス関連

持続化給付金の2020年新規創業特例について

2020年1月~3月の間に創業した中小法人等も新型コロナウイルス感染症に関する持続化給付金の支給対象に加わりました。 2020年1月~3月の間に創業したフリーランス、個人事業主の方はこちらをご覧ください。 新規創業特例の支給要件 ...
新型コロナウイルス関連

持続化給付金をいくら貰えるか(中小企業の場合)

持続化給付金とは 新型コロナウイルス感染症の拡大により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧となる、事業全般に広く使える給付金を支給するというものです。 新型コロナウイルス感染症の影響により、ひと月の...
新型コロナウイルス関連

新型コロナウイルス対策の中小企業、個人事業者のための持続化給付金について

新型コロナウイルス対策として、持続化給付金が創設されました。 持続化給付金とは 新型コロナウイルス感染症の拡大により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧となる、事業全般に広く使える給付金を支給するという...
補助金・助成金情報

東京都の創業助成事業について

東京都の創業助成事業とは、東京都及び東京都中小企業振興公社が実施している、返済不要の助成金です。 東京都内で創業予定者または創業5年未満の中小企業等に対して、創業初期に必要な経費(賃借料、広告費、従業員人件費等)の一部を助成するという...
個人事業の開業

個人事業主の開業手続きについて

個人事業主の開業手続きはとても簡単です。 事務所の住所を管轄する税務署に「個人事業の開業届出」を提出するだけです。 その時、一緒に「青色申告承認申請書」も提出します。 青色申告とは、確定申告の種類のひとつです。 青色...
人事労務の基礎知識

従業員を雇うときに気を付けるべき最低賃金について

経営者なら知っておきたい最低賃金の概要 会社が従業員に対して支払う給与の最低賃金額は法律(最低賃金法)で定められています。 最低賃金額より低い賃金を従業員と合意して定めても、それは法律によって無効とされます。その場合は、最低賃金額と...
スポンサーリンク