経営者保証に関するガイドライン

経営者保証に関するガイドラインとは

「経営者保証に関するガイドライン」とは、中小企業・小規模事業者等の経営者が金融機関から融資を受ける際にする個人保証(「経営者保証」といいます)の契約や履行等についての指針です。

日本商工会議所と一般社団法人全国銀行協会が中小企業庁・金融庁等の協力を得て、策定・公表したものです(公表日:2013年12月5日、適用日:2014年2月1日)。

保証なしで融資を受ける

おおざっぱに言うと、経営者個人としての「保証なし」で融資を受けるための指針です。

もちろん、無条件で「保証なし」にできるわけではありません。

  1. 会社と経営者との関係をはっきりと分ける
  2. 財務基盤を強くする
  3. 経営の透明性を確保する

といった条件があります。

これにより、万一の場合でも、経営者は私財をごと奪われないため、創業や再チャレンジをしやすくなります。

金融機関によっては創業時融資の際にも、この適用を受けられるかもしれません。

日本政策金融公庫では、従来から新創業融資制度等により経営者保証によらない融資を行なっていましたが、このガイドラインにの趣旨を踏まえ、経営者保証を免除する制度を新設しました。