建設業許可

建設業許可

建設業許可の譲渡について

2020年(令和2年)10月1日、建設業法が改正されたことにより、譲渡や相続による建設業許可を承継できるようになりました。 建設業許可の譲渡等(譲渡・譲受け、合併、分割) 建設業の譲渡及び譲受け、合併及び分割ができるようになりました。但...
建設業許可

建設業の許可を受けるための要件が改正されました

建設業の許可要件のうち、「経営業務の管理能力」についての要件が、次のとおり改正されました。 【改正前】「経営業務の管理責任者がいること」 【改正後】「経営業務の管理を適正に行うに足りる能力を有すること」 「経営業務の管理を適正に行うに...
建設業許可

建設業許可の営業所について

建設業許可の営業所とは 建設業の許可を受けるためには、専任技術者を営業所ごとに配置しなければなりません。 建設業許可の営業所とは、本店、支店など建設工事の請負契約を常時締結する事務所をいいます。 営業所といえるには、少なくとも...
スポンサーリンク
建設業許可

建設業許可を受けている会社の商号変更の手続きについて

建設業の許可を受けている会社が商号(会社名)を変更した場合の手続きについて説明します。 株式会社の場合を例として説明します。 大まかな流れは次のようなものです。 1. 会社名(商号)の変更の決定 ①新しい会社...
建設業許可

建設業許可取得後に必要な手続きについて

建設業許可を取得した後に必要な主な手続きは以下のとおりです。 許可標識の掲示 主任技術者、監理技術者の現場配置 決算変更届 更新申請 変更届 廃業届 許可標識の掲示 建設業の許可を受けた建設業...
建設業許可

建設業許可の欠格要件について

建設業の許可を受けるためには、欠格要件に該当しないことが必要です。 建設業許可の欠格要件とは 欠格要件に該当するものは、建設業の許可を受けることができません。 主な欠格要件は以下のとおりです。 1 許可申請書若しくは添付書類...
建設業許可

建設業許可の財産的基礎について

建設業の許可を受けるためには、「請負契約を履行するに足る財産的基礎または金銭的信用を有していること」が要件の一つとされています。 建設業許可の財産的基礎とは 建設業許可の財産的基礎または金銭的信用とは、資金の額または営業の実績です。 ...
建設業許可

建設業許可の請負契約に関する誠実性について

建設業の許可を受けるには、「請負契約に関して誠実性を有していること」が要件の一つとされています。 建設業許可で求められる誠実性とは 建設業許可で求められる誠実性とは、「請負契約に関し不正又は不誠実な行為をするおそれが明らかでないこと」を...
建設業許可

建設業許可の専任技術者について

建設業許可の専任技術者とは 専任技術者とは、許可を受けようとする建設業に関して一定の資格や実務経験を持つ者を言います。 建設業許可を取得するには、専任技術者を営業所ごとに置かなければなりません。 専任技術者は、常勤していること...
建設業許可

経営業務の管理責任者について

経営業務の管理責任者とは 経営業務の管理責任者とは、文字通り建設業の経営業務について総合的に管理する者を言います。経管(ケイカン)と呼ばれることがあります。 建設業許可を取得するには、5つの要件があります。その要件のうちで、この経営...
スポンサーリンク