労働基準監督署

人事労務の基礎知識

就業規則とは

就業規則は、労働時間、休日、賃金などの労働条件や職場の服務規律などを定めたものです。 常時10人以上の労働者を使用している事業場では就業規則を必ず作成しなければなりません。この場合の10人以上には、正社員だけでなくパートの従業員やアル...
株式会社設立後の手続き

官公署へ届を出す

会社の設立手続が終わったら、税務署やハローワークなどの官公署へ各種の届出を提出します。
株式会社設立後の手続き

保険関係成立届を労働基準監督署に提出する

会社の設立手続が終わったら、必要に応じて労働基準監督署に労働保険の「保険関係成立届」を提出します。
株式会社設立後の手続き

適用事業報告を労働基準監督署に提出する

会社の設立手続が終わったら、必要に応じて労働基準監督署に「適用事業報告」を提出します。
株式会社設立後の手続き

概算保険料申告書を労働基準監督署に提出する

労災保険と雇用保険を合わせて労働保険といいます。労働保険料については、労働基準監督署に「概算保険料申告書」を提出し、納付書で概算保険料を納付します。
株式会社設立後の手続き

就業規則を労働基準監督署に届け出る

会社は、従業員を常時10人以上雇うようになったら、「就業規則」を作成し、労働基準監督署に届け出なければなりません。
スポンサーリンク