原始定款

会社設立きほんのき

会社を設立する時に作らなければならない定款とは?

会社を設立する時に絶対に必要な定款について説明します。定款とは、会社の組織や運営方法など会社の基本的なルールを定めたものです。会社の憲法と言われることがあります。定款は、会社を設立するとき、必ず作らなければなりません。会社を設立するプロセスの中でも、定款の作成は非常に重要なポイントです。
株式会社のつくり方

株式に関する事項

株式について決めるべきことは? 発行可能株式総数 発行可能株式総数とは、会社が発行することができる株式数の上限のことをいいます。定款の絶対的記載事項とされています。将来いくらまで資本金を増やしたいかを考慮して発行可能株式総数を決めます。...
株式会社のつくり方

株式会社設立に必要な書類

株式会社の設立時には、定款、登記申請書や発起人会議事録など数々の書類を作成する必要があります。本人以外の代理人が手続きをする場合には、委任状も必要です。
株式会社のつくり方

株式会社の定款について

定款とは、会社の基本的なルールを定めるものです。会社はこの定款に従って運営されます。会社を設立するには、定款を必ず定めなければいけません。
株式会社設立手続の流れ

定款作成および認証

会社は、必ず定款を作成しなければなりません。会社設立時に最初に作成された定款を原始定款といいます。株式会社の原始定款は、公証人の認証を受けなければ効力を生じません。
スポンサーリンク