株式会社設立に必要な書類

 

株式会社の設立時に必要な書類は、概ね以下の通りです。
手続別に以下に記載します。

定款認証時に必要な書類

定款の認証とは、定款の内容に不備がないかや定款の内容が法律に違反していないかなどを公証人に確認してもらうことをいいます。
株式会社の設立時に最初に作成された定款(原始定款といいます)は、この認証を受けなければなりません。

書類の種類 内容
印鑑証明書 発起人全員の印鑑証明書が必要です
定款 作成した定款です
委任状 代理人が定款を作成したり、認証済み定款を受領する場合に必要です

株式会社の設立登記申請時に必要な書類

設立登記申請とは、法務局(登記所ともいいます)に会社の設立登記の申請書類を提出することです。設立登記をすることにより会社が成立します。

書類の種類 内容
設立登記申請書 設立登記の申請書です
設立登記申請書について詳しくはこちらをご覧ください
OCR用紙 登記すべき事項を記載したOCR用紙または登記する内容を記載したテキストファイルを格納したCD-R等です
OCR用紙については下記『OCR用紙について』をご覧ください
収入印紙貼付台紙 登録免許税を納付するための印紙を貼付する台紙です
登録免許税についてはこちらをご覧ください
定款 公証人の認証を受けた定款です
定款についてはこちらをご覧ください
発起人会議事録または発起人決定書 定款で会社の本店所在場所等を定めていない場合に必要です
就任承諾書 会社設立時に役員に就任する人が就任を承諾したことを証明するための書類です
就任承諾書について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください
印鑑証明書 取締役(取締役会を置く場合は代表取締役)個人の印鑑証明書です
払込を証する書面 発起人が出資金を払込んだことを証明するための書類です
印鑑届出書 法務局に対して会社代表印(会社実印)を届け出るための書類です
印鑑届出書の書き方を知りたい方はこちらをご覧ください
委任状 会社の代表取締役以外の代理人が設立登記申請書を提出する場合に必要です

現物出資をするなど、状況によって必要な書類は異なります。

OCR用紙について

法務省から「OCR用申請用紙の配布の終了について」というお知らせが出されています。

法務局でのOCR用紙の配布を順次終了していくとのことです。今後はオンラインでの提出を推奨するようです。

しかし、従来通りCD-Rでの提出はできますし、普通のA4用紙に印刷して提出することもできます。