人事と労務

会社を成長させていくには、優秀な人材(※)を確保することが重要です。

※人材と人財
最近では、「人材」ではなく「人財」という言葉を使う企業が増えているそうです。

人事と労務の役割

人事と労務の役割は、その「人材の確保」と「管理育成」をすることにあります。従業員にとって「働きやすい環境」を整えることも必要です。

人事・労務の主な業務としては

  1. 従業員の募集、採用や社員教育に関わる業務
  2. 従業員の勤怠管理や退職、解雇などにともなう事務手続き
  3. 人事考課
  4. 社会保険や労働保険の手続き
  5. 就業規則の作成

などが挙げられます。

社会保険労務士を活用する

社会保険労務士は、社会保険・労働保険や労務管理を専門に行なうエキスパートです。

社会保険・労働保険の手続きは面倒なものが多く、法律も頻繁に変わるので、かなり手間がかかります。また、労働法関連も頻繁に法改正が行なわれます。

一般の人がそれらに熟知するのは、結構大変なことです。

社会保険労務士を有効に活用しましょう。