給与支払事務所等の開設届出書を税務署に提出する

会社を設立したら、税務署に「給与支払事務所等の開設届出書」を提出する

会社は、従業員や役員に支払う給与から所得税を預かり、従業員や役員に代わって納税する義務を負っています。これを源泉徴収といいます。そして、この源泉徴収を行なうようになったことを税務署に届け出ることになっています。

会社を設立し、給与(役員報酬を含みます)を支払うようになったら、税務署に「給与支払事務所等の開設届出書」を提出しなければなりません。

提出期限は、会社を設立した日から1カ月以内です。

「給与支払事務所等の開設届出書」を税務署へ提出すると、税務署から所得税を納めるための納付用紙が会社に送られてきます。

「給与支払事務所等の開設届出書」の入手方法

「給与支払事務所等の開設届出書」は、国税庁のホームページ([手続名]給与支払事務所等の開設・移転・廃止の届出)からダウンロードできます。

税理士に相談するなら

  • 身近に税理士がいない
  • どうやって税理士を探せばいいのか分からない
  • どんな税理士に頼めばいいのか分からない

という方は、税理士紹介サービスを利用してみませんか。

希望に合った税理士が見つかるまで、何度でも無料で紹介してもらえます。

スポンサーリンク