合同会社の決算申告(確定申告)について

合同会社の決算申告(確定申告)について

合同会社は、毎事業年度終了後2カ月以内に税務署へ決算申告(確定申告)をしなければいけません。

合同会社の決算申告(確定申告)のおおまかな流れは以下のようなものです。

  • 普段の帳簿整理・データ入力→決算書類作成→税金の申告・納税→決算書類保存

普段の帳簿整理・データ入力

日々の事業活動で行なわれた取引を帳簿に記録し、会計ソフトなどにデータを入力します。

決算書類作成

会計ソフトに入力されたデータを元に決算書類を作成します。

決算書類には、貸借対照表や損益計算書などがあります。

税金の申告・納税

合同会社にかかる税金には主に次のものがあります。

  • 法人税
  • 消費税
  • 法人事業税
  • 都道府県民税
  • 市町村民税

それぞれ、期限内に申告・納税をしなければなりません。

決算書類保存

決算書類はそれぞれ定められた保存期間のあいだ保存しなければなりません。

決算公告

合同会社には、決算公告は義務付けられていません。

この点が、合同会社が株式会社より運営がしやすい理由の一つでもあります。

税理士をお探しなら

  • 身近に税理士がいない
  • どうやって税理士を探せばいいのか分からない
  • どんな税理士に頼めばいいのか分からない

という方は、税理士紹介サービスを利用してみませんか。

希望に合った税理士が見つかるまで、何度でも無料で紹介してもらえます。

スポンサーリンク


会社設立・起業相談無料

起業・会社設立について疑問や不安などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。起業後のことを一緒に考えてみませんか?

合同会社の基礎知識
スポンサーリンク
会社設立・起業支援センター