合同会社のつくり方

合同会社をつくるにあたっての基礎知識や書類の書き方などについて解説しています。
あなたの起業の一助としていただければ幸いです。

合同会社のつくり方

合同会社(LLC)を設立する時の印鑑届書について

「合同会社を設立する時の印鑑届書」の書き方について説明します。 合同会社の印鑑届書の書き方について 合同会社の設立登記をするには、合同会社の代表者印(会社実印)を作り、本店所在地を管轄する法務局に印鑑を届け出なければいけません。印鑑を届...
合同会社のつくり方

合同会社(LLC)の設立にかかる費用について

合同会社の設立に必ずかかる費用として登録免許税(6万円)があります。合同会社の設立登記を申請する際に法務局という役所に支払います。 合同会社を設立するには定款を作らなければなりません。定款には紙の定款(印刷物)と電子定款(PDF)の2通り...
合同会社のつくり方

合同会社(LLC)の事業年度の決め方について

事業年度とは、会社の決算をするための期間のことです。会計年度・決算期とも言われます。事業年度の最終日のことを決算日と言います。 この事業年度は、自由に決めることができます。 会社は少なくとも事業年度ごとには決算を行ない税金の申告をしなけ...
スポンサーリンク
合同会社のつくり方

合同会社(LLC)の設立登記申請書について

合同会社の設立登記申請書の書き方 合同会社の設立登記申請書に記載する事項 合同会社の設立登記申請書には、以下の内容を記載します。 商号 会社の社名を定款の通りに記載します。 本店 会社の住所(具体的な所在場所)を「本店所...
合同会社のつくり方

合同会社(LLC)の代表社員の就任承諾書について

社員2人で合同会社を設立する場合は、2人の社員のうちどちらかを代表社員にすることができます。 この場合、定款で次のように定めます。 (代表社員) 第9条 当会社の代表社員は業務執行社員の互選によって定めるものとする。 設立登記の添付...
合同会社のつくり方

合同会社(LLC)の事業目的について

事業目的(会社の目的)とは 事業目的は定款の絶対的記載事項です 会社が行なう事業内容のことです。 定款に必ず記載しなければなりません(絶対的記載事項)。 定款に目的が記載されていないと、その定款は無効とされてしまいます。 事業目的...
合同会社のつくり方

合同会社(LLC)の商号(会社名)について

会社の名前のことを商号といいます。 商号は基本的には自由に決めることができますが、いくつかルールがあります。 商号は自由に決めることができるといっても、言いにくい名前や難しい漢字を使うのは避けるのがいいと思います。 会社名には必ず「合...
合同会社のつくり方

社員2人で作る合同会社(LLC)の設立登記の添付書類について

合同会社(LLC)の添付書類の記載例 - 社員2人 社員2人で合同会社を設立する場合は、設立登記の添付書類として『代表社員、本店所在地及び資本金決定書』『代表社員の就任承諾書』を作成します。 定款で本店の具体的所在地を定めた場合は、『代...
合同会社のつくり方

社員1人で作る合同会社(LLC)の設立登記の添付書類について

合同会社(LLC)の添付書類の記載例 - 社員1人 社員1人で合同会社を設立する場合は、設立登記の添付書類として『本店所在地及び資本金決定書』を作成します。 定款で本店の具体的所在地を定めた場合は、『資本金決定書』を作成します。 以下...
合同会社のつくり方

合同会社(LLC)設立時の払込証明書の作り方について

出資金を払い込む 各出資者が各自の出資金を払い込みます。 この時点では、まだ会社名義の口座は作れません。社員(社員が複数の場合は社員の代表)の口座に振り込みます。振込にする理由は、誰がいくら振り込んだかを明らかにするためです。 口座の...
スポンサーリンク