会社の事業年度(決算月)はどう決める?

会社設立のきほんのき:会社の事業年度(決算月)

事業年度は自由に設定することができます。事業年度の区切りとなる期間を決算期といいます。会社の設立後最初の事業年度(初年度)の開始の日は、会社の設立の日とされています。

決算時期の決定は、次のような観点から行なうといいでしょう。

  • 会社設立時期から12か月後とする
    設立後間もないと、すぐに確定申告をする必要があります
    消費税の免税期間を長くできるというメリットもあります
  • 会社の繁忙期を避ける
    会社は決算月から2か月以内に確定申告書を税務署に申告する必要があるので、繁忙期と重なると通常業務に支障が出る可能性があります

社会一般的には3月決算が多いようです。

スポンサーリンク


会社設立・起業相談無料

起業・会社設立について疑問や不安などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。起業後のことを一緒に考えてみませんか?

会社設立きほんのき
スポンサーリンク
会社設立・起業支援センター