非公開会社と公開会社とは?

会社設立のきほんのき:非公開会社と公開会社

非公開会社とは

非公開会社とは、発行株式の全部について譲渡制限を設ける会社のことをいいます。「公開会社でない会社」「譲渡制限会社」といわれることもあります。

譲渡制限とは、株式を譲る前に会社の許可を得る必要があるということです。つまり、非公開会社では、株式を自由に売買できません。

なぜ会社の許可を得なければならないようにするかというと、会社にとって好ましくない人が株式を取得する(株主になる)のを防ぐためです。

公開会社とは

公開会社とは、発行株式の一部について譲渡制限を設ける会社または発行株式の全部について譲渡制限を設けない会社のことをいいます。つまり、公開会社では、株式の全部または一部について、株式の売買が自由にできるということです。

公開会社と上場会社とは全く別物ですから勘違いしないようにしてください。

合同会社にこのような制度はありません。合同会社にはそもそも株式がありませんから。

会社設立・起業相談無料

起業・会社設立について疑問や不安などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。起業後のことを一緒に考えてみませんか?

会社設立きほんのき
スポンサーリンク
会社設立・起業支援センター