会社の役員の任期の決め方は?

会社設立のきほんのき:役員の任期

役員の任期を決めるときに考慮するべきポイントを解説しています

株式会社の場合

公開会社の役員の任期は、最長2年です。

非公開会社の場合、定款で役員の任期を最長10年まで伸長することができます。

公開会社・非公開会社については、『非公開会社と公開会社とは?』を参照してください。

取締役が自分1人だという場合や身内の人など十分に信頼できる人を取締役とする場合であれば、任期を10年としても問題はないでしょう。そうでない場合は、任期は短くしておいたほうがいいかもしれません。

役員が就任や退任をしたら必ず登記をしなければなりません。登記をするには費用がかかります。ですので、任期を長くすれば費用を節約できるといえます。

しかし任期を長くすると、役員を任期の途中で解任した時などに損害賠償の問題に発展する可能性もあります。

役員が就任したり、退任したりすると、必ず役員の変更登記というものをしなければなりません。役員の任期が短いと、その分変更登記の登録免許税がかかります。

かといって逆に長くすると、役員の再任の登記を忘れてしまうということもあり得ます。この変更登記をしないと100万円以下の過料を課されたり、12年間なんの登記もせずに経過すると株式会社が解散されたものとみなされて(「株式会社のみなし解散」といいます)、法務局の登記官に職権で解散の登記をされてしまうおそれがあります。

そういった点を考慮して任期を決めましょう。

合同会社の場合

役員の任期に制限はありません。

無料ダウンロード『ひとり株式会社設立マニュアル』

こんな方は、ぜひ『ひとり株式会社設立マニュアル』をご利用ください。
・株式会社を作ろうと思っている
・株式会社を作るには」何が必要か知りたい
・株式会社の設立手続きを知りたい

無料でダウンロードできます。

面倒な会社設立書類を5分で作成<会社設立 freee>

<会社設立 freee>を利用すると、会社設立に必要な書類を質問に回答するだけで全て作成することができます。
できた書類は印刷して法務局などに提出するだけ。書類作成費は無料です。

■公証役場に提出する書類(株式会社の場合)
・定款
■法務局に提出する書類
・登記申請書
・登録免許税納付用台紙
・就任承諾書
・発起人決議書(合同会社の場合は「代表社員、本店所在地及び資本金決定書」)
・払込を証する書面
・OCR用紙
・印鑑(改印)届出書
・登記事項証明書交付申請書
・印鑑カード交付申請書
・印鑑証明書交付申請書

会社設立書類を<会社設立 freee>で作成する

会社設立・起業相談無料

起業・会社設立について疑問や不安などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。起業後のことを一緒に考えてみませんか?

会社設立きほんのき
スポンサーリンク
会社設立・起業支援センター