建設業許可を取得するにはどれくらいの期間がかかる?

神奈川県川崎市の会社設立・起業支援センターです。

建設業許可を取得するための2つのステップ

建設業許可を取得するためには、大きく分けて次の2つのステップがあります。

  1. 申請書の作成
  2. 行政庁による審査

以下でそれぞれのステップでかかる日数について解説します。

1.申請書の作成にかかる日数

申請書を作成するには、まず建設業許可を取得するための要件を満たしていることを証明する書類を集めなければなりません。

これらの書類は申請する人の状況によって異なります。

自社で申請書を作成するには、行政庁に相談しながらに書類集めをすることになると思います。最低でも1カ月から3カ月程度はかかるのではないでしょうか。状況によってはもっとかかるかもしれません。

専門家に依頼した場合で、10日から14日程度かかります。

2.行政庁による審査にかかる日数

建設業許可は、営業所の所在地によって都道府県知事許可と国土交通大臣許可に分かれます。

都道府県知事許可の場合、審査にかかる日数は45日程度です。

国土交通大臣許可の場合は、もっとかかって120日程度です。

専門家に依頼したとしても、

  • 都道府県知事許可で60日前後
  • 国土交通大臣許可で130日前後

かかるということです。

建設業を始めるなら作っておきたい法人ガソリンカード

全国で使える法人専用ガソリンカード。
個人事業者も作れます!

法人カードの中でも、ガソリン(燃料)カードは大変人気が高いカードです。
なぜかと言うと、大量のレシートから解放され、請求書は利用内容がわかりやすく記載されているので管理が簡単です。業務時間も大幅に短縮できます。

このガソリンカード1枚で業務時間を大幅に短縮できます。しかし、この人気が高いガソリンカードは特にクレジット会社の審査が厳しく、実績の少ない設立したての新会社や個人事業主の方では簡単に作る事ができません。
※利用金額が大きいため、クレジット会社にとってもカード発行には慎重になるからです。

それを解決するのがETC協同組合のガソリンカードです。

※ETC協同組合とは

  • コストの削減や新たな経営戦略に役立つ情報の提供や交流など、経営活動の促進を目指した事業協同組合です。
    中小企業の事業を多角的にアシストし、異業種交流や各種共同購買・共同利用を通じて事業経営を効率よくサポートしています。

クレジット会社の審査がなく、ETC協同組合独自の審査で新会社、個人事業主から 圧倒的な指示を受けているガソリンカードです。

◆カードの特徴・メリット◆

  1. クレジット審査がないので発行しやすい
  2. 年会費・カード発行手数料が永年無料・つまり維持費ゼロ!
  3. 従業員にその都度、現金を渡さなくてよい
  4. 必要枚数、複数枚、申込OK
  5. 利用明細で一括管理
    ・利用日時、車輌番号、利用ガソリンスタンドも明記
  6. 全国のエネオス・出光のガソリンスタンドで利用可能
  7. 全国統一価格。どこのガソリンスタンドで給油しても同じ金額
  8. 圧倒的人気の後払い方式
  9. 個人事業者も作成可能

「年会費・発行手数料も無料だし、とりあえず作っておきたい」法人ガソリンカードです。