建築施工管理技士になるには

建築施工管理技士は、建設業許可の専任技術者になれる資格です。

建築施工管理技士には、1級と2級があります。

2級は建築・躯体・仕上げの3種類に分かれています。

1級建築施工管理技士は、特定建設業と一般建設業の専任技術者になれます。

2級建築施工管理技士は、一般建設業の専任技術者になれます。指導監督経験があれば、特定建設業の専任技術者になれます。

建築施工管理技士が建設業の専任技術者になれる工事の種類

1級建築施工管理技士は、以下の工事の専任技術者になれます。

  • 建築一式工事
  • 大工工事
  • 左官工事
  • とび・土工・コンクリート工事
  • 石工事
  • 屋根工事
  • タイル・れんが・ブロック工事
  • 鋼構造物工事
  • 鉄筋工事
  • 板金工事
  • ガラス工事
  • 塗装工事
  • 防水工事
  • 内装仕上工事
  • 熱絶縁工事
  • 建具工事
  • 解体工事

2級建築施工管理技士(建築)は、以下の工事の専任技術者になれます。

  • 建築一式工事
  • 解体工事

2級建築施工管理技士(躯体)は、以下の工事の専任技術者になれます。

  • 大工工事
  • とび・土工・コンクリート工事
  • タイル・れんが・ブロック工事
  • 鋼構造物工事
  • 鉄筋工事
  • 解体工事

2級建築施工管理技士(仕上げ)は、以下の工事の専任技術者になれます。

  • 大工工事
  • 左官工事
  • 石工事
  • 屋根工事
  • タイル・れんが・ブロック工事
  • 板金工事
  • ガラス工事
  • 塗装工事
  • 防水工事
  • 内装仕上工事
  • 熱絶縁工事
  • 建具工事

建築施工管理技士になるには

建築施工管理技士になるには、一般財団法人建設業振興基金が行なっている建築施工管理技術検定試験に合格しなければなりません。

建築施工管理技術検定試験には1級と2級があります。

2級建築施工管理技術検定試験

試験区分

2級建築施工管理技術検定試験には3つの試験区分があります。

  1. 学科・実地試験
  2. 実地試験のみ(学科試験免除)
  3. 学科試験のみ

受験資格

2級電気工事施工管理技術検定試験の試験区分ごとの受験資格は以下の通りです。

学科・実地試験の受験資格

所定の工事種別による実務経験年数を満たした方が受験できます。

区分 受験種別 最終学歴または資格 実務経験年数
指定学科卒業 指定学科以外卒業
建築または
躯体または
仕上げ
大学
専門学校の「高度専門士」
卒業後1年以上 卒業後1年6カ月以上
短期大学・5年制高等専門学校
専門学校の「専門士」
卒業後2年以上 卒業後3年以上
高等学校
専門学校の「専門課程」
卒業後3年以上 卒業後4年6カ月以上
その他(最終学歴問わず) 8年以上

 

区分  受験種別 職業能力開発促進法による技能検定合格者 必要な実務経験年数
技能検定職種 級別
躯体 鉄工(構造物鉄工作業)、とび、ブロック建築、型枠施工、鉄筋施工(鉄筋組立て作業)、鉄筋組立て、コンクリート圧送施工、エーエルシーパネル施工 1級 不問
2級 4年以上
平成15年以前に上記の検定職種に合格した者  - 不問
単一等級エーエルシーパネル施工  - 不問
仕上げ 建築板金(内外装板金作業)、石材施工(石張り作業)、石工(石張り作業)、建築大工、左官、タイル張り、畳製作、防水施工、内装仕上げ施工(プラスティック系床仕上げ工事作業、カーペット系床仕上げ工事作業、鋼製下地工事作業、ボード仕上げ工事作業)、床仕上げ施工、天井仕上げ施工、スレート施工、カーテンウォール施工、サッシ施工、ガラス施工、表装(壁装作業)、塗装(建築塗装作業)、レンガ積み 1級 不問
2級 4年以上
平成15年以前に上記の検定職種に合格した者 不問
単一等級レンガ積み 不問

実地試験のみ(学科試験免除)

学科・実地試験の受検資格を満たしており、かつ学科試験免除資格も満たした方が受験できます。

  1. 建築士法による1級建築士試験の合格者
  2. 2級建築施工管理技術検定試験の「学科試験のみ受験」の合格者で有効期間内の者

学科試験のみ

試験実施年度において満17歳以上となる方

おススメの教材

2級建築施工管理技士 学科問題解説集

過去7年分の本試験問がを分野別・項目別に収録されています。

2級建築施工管理技士 学科問題解説集

重要設問肢を分野別・項目別に厳選
1問1答形式の問題で、重要事項・ポイントを徹底攻略!