建築士になるには

建築士は、建設業許可の専任技術者になれる資格です。

建築士には、1級と2級・木造があります。

1級建築士は、特定建設業と一般建設業の専任技術者になれます。

2級建築士は、一般建設業の専任技術者になれます。指導監督経験があれば、特定建設業の専任技術者になれます。

木造級建築士は、一般建設業の専任技術者になれます。指導監督経験があれば、特定建設業の専任技術者になれます。

建築士が建設業の専任技術者になれる工事の種類

1級建築士は、以下の工事の専任技術者になれます。

  • 建築一式工事
  • 大工工事
  • 屋根工事
  • タイル・れんが・ブロック工事
  • 鋼構造物工事
  • 内装仕上工事

2級建築士は、以下の工事の専任技術者になれます。

  • 建築一式工事(一般建設業のみ)
  • 大工工事
  • 屋根工事
  • タイル・れんが・ブロック工事
  • 内装仕上工事

木造建築士は、以下の工事の専任技術者になれます。

  • 大工工事

建築士になるには

造園施工管理技士になるには、公益財団法人 建築技術教育普及センターが行なっている建築士試験に合格しなければなりません。

建築士試験には1級と2級・木造があります。