スポンサーリンク
デル株式会社

会社代表印(実印)を変更するには

会社代表印(実印)を変更する手続きについて

会社を作った後に、会社代表印(実印)を変更することがあります。主に会社名が変わった場合です。

そういう理由がなくても、変更することはできます。ただし、取引先とのトラブルを引き起こさないためにも、会社代表印(実印)の変更は慎重にしてください。

会社代表印(実印)を変更する場合の手続きについて説明します。

大まかな流れは以下のとおりです。

会社代表印(実印)の変更手続きの流れ
  • step1
    代表印(実印)の作成
    新しい会社代表印(実印)を作成します
  • step2
    改印の届出
    管轄の法務局に改印届を出します

step1. 新しい会社代表印(実印)の作成

今のものとは異なる印影で、新しい会社実印を作成します。

会社実印をインターネットで注文する場合は、注文する前に印影を確認できるとイメージをつかめるので安心できます。

スポンサーリンク

step2. 管轄の法務局に改印届の提出

管轄の法務局に「印鑑(改印)届書」を提出します。

「印鑑(改印)届書」は法務局の窓口で入手するか法務省のホームページからダウンロードします。

必要事項を記入し、新しく作った会社実印と代表取締役個人の実印で押印します。

代理人に依頼する場合は、代理人の認印で押印し、委任状に代表取締役の実印を押印します。

代表取締役個人の実印と代表取締役個人の印鑑証明書が必要です。事前に用意しておきましょう。

会社実印の改印届が終わったら、間違って古い会社実印を使わないようにしてください。

古い会社実印を処分するに際しては、悪用されないような処分方法を検討してください。そのまま捨てるのではなく、印面を削るなどする方がいいでしょう。

ちなみに、会社の代表者が変わっても、そのまま会社実印を使うことはできます。その場合でも、会社実印の改印届は必要です。

会社の実印を変更したい場合に必要な書類等

  • 印鑑(改印)届書
  • 新しい会社代表印(実印)
  • 代表取締役個人の実印
  • 代表取締役個人の印鑑証明書(発行から3カ月以内のもの)
  • 代理人が提出する場合は、代理人の認印と身分証明書