株式会社を設立する時に必要な会社印について

株式会社を設立する時に用意するべき会社印」について説明します。

会社印は、株式会社だけでなく、合同会社や合名会社、合資会社でも作らなければなりません。

会社印3本セットの作成

会社印3本セットといわれる代表者印(会社実印)、銀行印、角印を作成します。必ずしも3本必要というわけではありませんが、それぞれ用途が違うので、分けておいた方がよいでしょう。

会社の名称が長い場合は、彫刻技術の高い店で会社印を作成することをお勧めします。

① 代表者印

会社の実印ともいわれ、法務局に登録しなければなりません。

代表者印の大きさには決まりがあり、辺の長さが1cmを超え3cm以内の正方形の中に収まるものでなければなりません(商業登記規則第9条③)。

以下は株式会社の代表者印(実印)の例です。

株式会社の実印の例

通常、外枠には「会社名」、内枠には「代表取締役印」といれます。

② 銀行印

金融機関に口座を作るときや預金の引出しのときなどに使用します。一般的には、銀行専用の印鑑を作ることが多いようです。

代表者印(実印)と兼用することもあるようですが、あまりお勧めできません。

以下は株式会社の銀行印の例です。

株式会社の銀行印の例

通常、内枠には「銀行之印」といれます。

③ 角印

社印ともいわれ、個人の認印のようなものです。領収書や請求書、実印の押印の必要がない契約書などへの押印に使用します。

以下は、株式会社の角印の例です。

株式会社の角印の例

通常、会社名だけいれます。

④その他

会社名、本店所在地などが入ったゴム印(住所印)を作成するのもいいでしょう。

会社印の種類と用途(まとめ)

会社印の種類と用途について下表にまとめました。

代表者印(実印)銀行印角印
株式会社の実印の例株式会社の銀行印の例株式会社の角印の例
法律で実印の押印が要求されている場合や、会社にとって重要な契約書への押印に使用します金融機関に口座を作るときや預金の引出しのときなどに使用します領収書や請求書、実印の押印の必要がない契約書などへの押印に使用します

会社の印鑑をインターネットで注文する場合は、印影を注文する前に確認できるとイメージをつかめるので安心できます。

スポンサーリンク

 

無料ダウンロード『ひとり株式会社設立マニュアル』

こんな方は、ぜひ『ひとり株式会社設立マニュアル』をご利用ください。
・株式会社を作ろうと思っている
・株式会社を作るには」何が必要か知りたい
・株式会社の設立手続きを知りたい

無料でダウンロードできます。

面倒な会社設立書類を5分で作成<会社設立 freee>

<会社設立 freee>を利用すると、会社設立に必要な書類を質問に回答するだけで全て作成することができます。
できた書類は印刷して法務局などに提出するだけ。書類作成費は無料です。

■公証役場に提出する書類(株式会社の場合)
・定款
■法務局に提出する書類
・登記申請書
・登録免許税納付用台紙
・就任承諾書
・発起人決議書(合同会社の場合は「代表社員、本店所在地及び資本金決定書」)
・払込を証する書面
・OCR用紙
・印鑑(改印)届出書
・登記事項証明書交付申請書
・印鑑カード交付申請書
・印鑑証明書交付申請書

会社設立書類を<会社設立 freee>で作成する

会社設立・起業相談無料

起業・会社設立について疑問や不安などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。起業後のことを一緒に考えてみませんか?

株式会社設立手続の流れ
スポンサーリンク
会社設立・起業支援センター