月末タイムセール 大好評開催中!【日本HP】

トラック運送業を開業するために必要な許認可は?

スポンサーリンク

神奈川県川崎市の会社設立・起業支援センターです。

トラック運送業を開業するには運送事業許可が必要

トラック運送業を開業するには、運送形態に応じた運送事業の許可・届出が必要です。

トラック運送業の運送形態

運送形態には主に以下のようなものがあります。

許可が必要なもの

  • 一般貨物自動車運送業
    一般貨物自動車運送業とは、不特定多数の荷主の貨物を有料で運送する事業をいいます。
    5台以上の車両が必要です。
  • 霊柩車運送業
    霊柩車による有償での運送事業をいいます。車両1台からでも営業できます。
    霊柩車による有償運送は一般貨物自動車運送事業の許可が必要です。
  • 特定貨物自動車運送業
    特定貨物自動車運送業とは、荷主を限定して特定の貨物を輸送する事業をいいます。
    荷主企業が限定されている点が一般貨物自動車運送業との違いです。

届出が必要なもの

  • 貨物軽自動車運送業
    軽トラック、バイクなどを用いて有料で貨物の輸送をする事業をいいます。車両1台からでも営業できます。

一般貨物自動車運送事業の許可を受けるためには、貨物自動車運送事業法及び運輸局長が定め公示した基準に適合している必要があります。

一般貨物自動車運送事業の許可の基準

一般貨物自動車運送事業の許可の基準は次のように項目分けされています。

  1. 営業所
  2. 車両数
  3. 事業用自動車
  4. 車庫
  5. 休憩・睡眠施設
  6. 運行管理体制
  7. 資金計画
  8. 法令遵守
  9. 損害賠償能力

これらの項目について細かく基準が定められています。

例えば、1.営業所については次のように定められています。

  • 使用権原を有することの裏付けがあること
  • 農地法、都市計画法、建築基準法等関係法令に抵触しないものであること
  • 規模が適切であること

運輸局によって異なることがあります。申請しようとする営業所を管轄する運輸局の許可の基準を確認してください。

貨物軽自動車運送事業の審査の基準

貨物軽自動車運送事業を行なうためには、貨物自動車運送事業法の規定及び運輸局長が定めた審査の基準(公示基準)に適合していなければなりません。

公示基準は次のように項目分けされていて、それぞれについて細かく基準が定められています。

  1. 営業所
  2. 自動車の数
  3. 自動車車庫
  4. 休憩睡眠施設
  5. 運送約款
  6. 軽自動車の構造等
  7. 管理体制
  8. 損害賠償能力

地方運輸局

全国には北海道、東北、関東、北陸信越、中部、近畿、中国、四国、九州の9つの地方運輸局があります。

管轄運輸局は国土交通省のホームページ(『地方運輸局』)でご確認ください。

トラック運送業で起業するなら読みたい本

運送業の開業・経営に役立つ書籍の紹介

運送業の開業・経営に役立つ書籍をご紹介します。あなたの起業にお役立ていただければ幸いです。

『運送業で起業する人が最初に読む本』

運送業の経営を始めたいと考えている方が、何から準備をし、どのような手続を経て許可を取得し、実際にどんな経営をしていくのかを、わかりやすく解説している書籍です。

1つひとつの手続に関しては、役所の手引やインターネット情報で手に入れることは可能かもしれなません。しかしながら、運送業に関する諸手続やコンプライアンスに関し、ざっと概要を知ることができる手引書類の本は、他にないでしょう。

実際に著者が、クライアントとのやり取りの中で、どのような点に不安を持っているのか、何を知りたいのかに視点を当て、その疑問を解消できる内容を盛り込んでいます。

現在運送業を経営している数多くのクライアントからの依頼内容から、実際に直面するコンプライアンスに関する問題解決についても記載しています(2019年11月改正 貨物自動車運送事業法に対応)。

『運送業で起業する人が最初に読む本』の内容

第1章 運送業(一般貨物自動車運送事業)を始める前に
第2章 法人設立に関する手続
第3章 運送業(一般貨物自動車運送事業)許可の要件とは
第4章 許可取得から運輸開始まで
第5章 運送会社の運営について
第6章 より良い運送会社に育てていくために
第7章 車両1台でも、車両なしでも始められる運送関係事業
参考 建築基準法「用途地域等内の建築物の制限」

 

図解即戦力 物流業界のしくみとビジネスがこれ1冊でしっかりわかる教科書

コロナ禍の自粛期間中も日本経済を支えた「物流」。“経済の血管”と例えられる物流事業を営む業界について、本書は物流コストのしくみから、最