発起人会議事録作成

株式会社の設立時の発起人会議事録発起人決定書)について

発起人会議事録発起人決定書)を作る

株式会社を設立するにあたって最初にするのは、会社の基本事項を決めることです。

発起人が複数の場合、発起人会を開き、発起人全員の合意事項を発起人会議事録として記録します。

発起人会議事録の記載例はこちら

発起人が1人の場合は、定款を作成する準備として、発起人決定書を作成します。

発起人決定書の記載例はこちら

発起人会議事録発起人決定書)の記載事項

これらの書類には、以下の事項を記載します。

  1. 商号
  2. 事業目的
  3. 本店の具体的な所在場所
  4. 設立時発行株式に関する事項
  5. 現物出資がある場合はその内容
  6. 設立時の役員(設立時代表取締役、設立時取締役、設立時監査役)(※3) など

本店の具体的な所在場所について

本店の具体的な所在場所とは

  • 神奈川県横浜市中区○○町○丁目○番地

というように番地まできちんと記載されている住所のことをいいます。

定款で本店の所在地を具体的に定めなかった場合は、発起人会議事録(発起人決定書)で定めます。

設立時発行株式に関する事項について

設立時発行株式に関する事項を定款で定めなかった場合は、発起人全員の同意を得て定めなければなりません。

設立時発行株式に関する事項とは、次の事項をいいます。

  1. 発起人が割当てを受ける設立時発行株式の数
  2. 上記のの設立時発行株式と引換えに払い込む金銭の額
  3. 成立後の株式会社の資本金及び資本準備金の額に関する事項

設立時の役員について

設立時の役員を定款で定めなかった場合は、これらの書類で定めます。設立時の役員については、原則として就任承諾書が必要です。