会社を作る時のおおまかな流れについて

0.会社設立の流れとやるべきこと

会社を作る時のおおまかな流れを説明します。

①会社の名前や住所など、会社の重要な事項を決めます。

②個人の印鑑証明書を市区町村の役所で取得します。市区町村に印鑑登録をしていない場合は、まず印鑑登録をします。

③会社の名前が決まったら、会社の代表印(会社実印)を作ります。

④会社のホームページをco.jpドメインで持つ場合、ドメインの仮登録をします。

co.jpドメインは日本国内で登記された会社だけが登録できます。

⑤定款を作ります。

⑥公証役場で定款の認証を受けます。本店所在地の都道府県内の公証役場ならどこでもOKです。
この時、個人の印鑑証明書の1通を提出します。

⑦資本金を払い込みます。まだ会社の口座はないので、自分の口座に振込みます。

⑧登記申請に必要な書類を作ります。

⑨本店所在地を管轄する法務局に登記を申請します。この時、個人の印鑑証明書の1通を提出します。

管轄の法務局はインターネットで調べることができます。

登記を申請した日が会社の設立日になります。

⑩登記を申請して、書類に不備がなければ1~3週間程度で登記が完了します。法務局の状況により、この期間は変わります。

⑪登記が完了したら、登記事項証明書を取得します。会社の実印を法務局に登録し、印鑑カードと印鑑証明書を取得します。

登記事項証明書と印鑑証明書は登記完了後の手続きで必要です。必要な通数を調べておいて、その分だけ取得しましょう。

⑫会社名義の預金口座を開設します。

⑬税務署、年金事務所等に必要な届出を行ないます。

⑭ホームページ開設用にレンタルサーバーやインターネットサービスプロバイダなどと契約します。

⑮仮登録していたドメインを本登録します。

⑯ホームページを開設します。

個人の印鑑証明書を取る

①会社設立の書類を作るには個人の印鑑証明書は必須です。

発起人や取締役になる人は、定款や登記申請用の書類に、個人の実印を押さなければなりません。

出資する人、役員になる人が決まったら、その人の印鑑証明書を取得します。

登記申請用の書類を作る際、発起人や取締役の住所は、印鑑証明書の通りに記載しなければなりません。

②個人の実印とは?

個人の実印とは、住民登録している市区町村に登録されている印鑑のことを言います。印鑑登録をしていない場合は、まず実印の登録を済ませましょう。

印鑑登録するためには、実印を作ります。

③印鑑登録の方法

印鑑登録をするためには、住民登録をしている市区町村の役所に、印鑑と運転免許証などの本人確認のための書類を持参します。
代理人による登録もできますが、手続きが面倒です。

実印を登録したら、印鑑証明書を発行してもらいます。本人が窓口に出向いた場合は、すぐに印鑑証明書を発行して貰えます。代理人が窓口に出向いた場合は、少し面倒です。

④会社設立時に印鑑証明書が必要な人と有効期限

印鑑証明書が必要な人は、発起人と取締役です。発起人であり取締役でもある場合は、2通必要です。

会社設立・起業相談無料

起業・会社設立について疑問や不安などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。起業後のことを一緒に考えてみませんか?

会社を作るときに決めること
スポンサーリンク
会社設立・起業支援センター