月末タイムセール 大好評開催中!【日本HP】

株式会社を設立する時に必要な実印について

スポンサーリンク

本ページにはプロモーションが含まれています

株式会社を設立する時に必要な実印とは

株式会社を設立する時には、株式会社の発起人個人の実印が必要です。

発起人とは、株式会社に出資をして、株式会社を設立する人のことを言います。株式会社を設立した後は、出資した額に応じた株式を引き受けて株主になります。

実印とは、お住まいの市区町村の役所または役場に登録しているハンコ(印鑑)のことを言います。

実印は、不動産や自動車等の重要な財産に関する登記・登録をしたり、各種契約や公正証書作成の際にも使用します。

実印を作るのは、街のはんこ屋さんでもインターネットのはんこ屋さんでも、どちらでも構いません。近所にはんこ屋さんがなければ、インターネットの方が便利でしょう。

実印を作るには印影プレビューが便利

実印を作るには、書体を指定します。書体は複数種類あり、どれを選べばいいか迷ってしまいますね。自分の実印にはどの書体が適しているか、できれば注文前に確かめたいものです。

はんこのインターネット通販のサイトでは、書体ごとの印影のサンプルを表示していますが、そのサンプルでは自分の印鑑のイメージはつかめません。注文する前に印影を確認できてイメージをつかめると安心できます。

ですが、注文する前に印影を確認できるネットのはんこ屋さんは、意外と少ないです。

『印鑑の匠ドットコム』は、注文する前に印影を確認できる、数少ないはんこ屋さんです。しかも注文前の印影プレビューは無料です。買い物かご内で、書体を変えて印影のイメージを確かめることもできます。

但し、印影プレビューは実際の印影とは異なります。大まかな見本としてみてください。

より細かく印影の出来上がりを確認したい場合は、無料の『印影サンプル確認サービス』も利用できます。『印影サンプル確認サービス』は、注文後にサンプル印影を作成します。そのため、『印影サンプル確認サービス』利用時は、希望の納期から遅れることがあります。

『印鑑の匠ドットコム』には、完全手彫り(匠彫り)の印鑑もありますが、完全手彫り(匠彫り)の印鑑では『印影サンプル確認サービス』を利用することはできません。

実印を作るなら、印影のプレビューとはどんなものか試してみてからでも遅くはないです。一度印影プレビューを試してみてはいかがでしょうか。

実印の印影のプレビューがどんなものか試してみる

 

スポンサーリンク