合同会社の設立登記に必要な書類について

合同会社を設立するには、設立登記を申請しなければなりません。

設立登記申請とは、法務局(登記所ともいいます)に会社の設立登記の申請書類を提出することです。設立登記をすることにより会社が成立します。

合同会社の設立登記に必要な書類

合同会社の設立登記に必要な書類は、概ね以下の通りです。

書類の種類内容
設立登記申請書設立登記の申請書です
登記すべき事項登記すべき事項は、オンラインまたはCD-Rなどで提出します
収入印紙貼付台紙登録免許税を納付するための印紙を貼付する台紙です
定款合同会社の定款は、株式会社と違って公証人の認証は不要です
代表社員、本店所在地及び資本金決定書定款で代表社員、本店所在地及び資本金の額を定めていない場合に必要です
就任承諾書会社設立時に代表社員に就任する人が就任を承諾したことを証明するための書類です
印鑑証明書代表社員になる人の個人の印鑑証明書です
払込を証する書面発起人が出資金を払込んだことを証明するための書類です
印鑑届出書法務局に対して会社代表印(会社実印)を届け出るための書類です
委任状会社の代表社員以外の代理人が設立登記申請書を提出する場合に必要です

会社設立・起業相談無料

起業・会社設立について疑問や不安などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。起業後のことを一緒に考えてみませんか?

合同会社の基礎知識
スポンサーリンク
会社設立・起業支援センター