スポンサーリンク
デル株式会社

合同会社(LLC)の定款

定款とは会社の憲法ようなもの

定款とは、会社の基本的なルールを定めるもので、会社はこの定款に従って運営されます。よく会社の憲法ようなものといわれます。

定款には、会社の事業目的、名前(商号といいます)や住所(本店所在地といいます)など、会社にとって基本的な事項を定めます。会社は、定款の目的に記載されている以外の活動をすることはできません。

定款は、会社を設立するには、必ず定めなければいけません。合同会社の設立時に最初に定めた定款(原始定款といいます)は、株式会社のように公証人の認証を受ける必要はありません。

合同会社の定款の記載事項

定款の記載事項には、絶対的記載事項、相対的記載事項、任意的記載事項とがあります。

絶対的記載事項

絶対的記載事項は、定款に必ず記載しなければならない事項です。記載がないか、その内容が違法の場合は、定款が無効とされます。

  1. 目的
  2. 商号
  3. 本店の所在地
  4. 社員の氏名または名称および住所
  5. 社員全員が有限責任となる旨
  6. 社員の出資の目的及びその価額

相対的記載事項

相対的記載事項は、定款に記載しなくても定款の効力に影響はありませんが、定款で定めないと効力が認められない事項です。

以下に例を示します。

  1. 業務執行社員の定め
  2. 代表社員の定め
  3. 社員の退社事由の定め
  4. 存続期間の定め
  5. 解散事由
  6. 利益の配分の定
  7. 解散の場合における財産の処分方法の定め

任意的記載事項

任意的記載事項は、定款に記載しなくても定款の効力に影響はなく、定款で定めなくても効力が認められる事項です。公序良俗、法律に違反しない限り何でも記載できます。以下は一例です。

  1. 営業年度
  2. 公告の方法
  3. 社員総会に関する事項
  4. 役員報酬の決め方
  5. 配当金の支払い時期
  6. 会社内部の機関・役職の定め 等

合同会社の定款記載例