ゼロから起業して年収1000万円にする最速の方法『大富豪の起業術』
スポンサーリンク
デル株式会社
スポンサーリンク
デル株式会社

会社設立にかかる費用

会社設立のきほんのき:会社設立にかかる費用

会社を設立するには、以下の費用が最低限必要です。最低限必要ということは、自分でやった場合でもこれだけかかるということです。

株式会社の場合の会社設立にかかる費用

 紙の定款の場合電子定款の場合
定款認証手数料30,000円
~50,000円
30,000円
~50,000円
定款収入印紙代40,000円0円
登録免許税(※)150,000円150,000円
合計220,000円
~240,000円
180,000円
~200,000円
定款認証費用について
2022年1月1日より定款認証の手数料が下記のように変更されました。
設立する会社の資本金等の額が
・100万円未満の場合:3万円
・100万円以上300万円未満の場合:4万円
・その他の場合:5万円
よって、株式会社設立時の費用は資本金等の額によって異なります。
登録免許税について
株式会社設立登記申請の登録免許税は、資本金の額の0.7%で最低150,000円とされています。

合同会社の場合の会社設立にかかる費用

 紙の定款の場合電子定款の場合
定款収入印紙代40,000円0円
登録免許税(※)60,000円60,000円
合計100,000円60,000円

※合同会社設立登記申請の登録免許税は、資本金の額の0.7%で最低60,000円とされています。

上記の他に定款謄本や登記事項証明書、印鑑証明書の交付手数料、会社印の作成費用等が必要です。

※定款の収入印紙代ついて

定款というものを作った場合、4万円の収入印紙を貼らなければなりません。これは法律で決められています。紙で作った定款が前提です。

今は定款を電子文書で作ることも認められています。電子定款といいます。電子定款には収入印紙を貼ることを求められていないので、というかそもそも電子文書なので収入印紙を貼れないので、4万円節税できるというメリットがあります。

電子定款について詳しく知りたい方はこちらをクリックしてください。