スポンサーリンク

株式会社と合同会社のどちらで起業するのが得?

起業、開業にあたっては、どのような形で会社設立するのかが非常に重要なテーマです。株式会社と合同会社、それぞれの特徴を踏まえて、メリットの多い形での起業を目指しましょう。

この記事では、株式会社と合同会社の違いを解説しています。

会社の種類

会社には、「株式会社」「合同会社」「合資会社」「合名会社」の4種類があります。

会社の設立に当たっては、株式会社が一番多く、その次に合同会社が多いです。合資会社と合名会社はやや特殊な形態なので、会社数は少ないです。

株式会社

株式会社は株式を発行し、資金を集めて経営される形です。

株式を所有する出資者は株主と呼ばれ、経営者とは立場が切り離されています。株主と経営者が同一人物であることもあります。

株式会社では、「株主総会」によって意思決定がなされなくてはなりません。さらに、会社の所有者と経営者も原則的に分離しています。株式会社では役員の任期も最長で10年と定められています。年度ごとに決算公告の義務があるのも株式会社の特徴です。

合同会社

合同会社は多くの場合、出資者と経営者が同じです。

会社に出資した人は自動的に「社員」となり、意思決定権を与えられます。社員が集まり、会社の方針について重大な決定を下す場が「社員総会」です。会社の所有者と経営者が分離していないのは、株式会社との大きな違いだといえるでしょう。

そのうえ、合同会社には役員の任期がありません。一度選ばれた役員は問題を起こさない限り、好きなだけ在任していられます。そのほか、合同会社には決算公告の義務もありません。会社の経営状況は経営者だけが把握していればよく、外部の人間に明かされることは基本的にないのです。

株式会社と合同会社のどちらで起業するのが得なのか?

起業、開業において、株式会社と合同会社のどちらを選ぶべきかは状況によります。

投資者からの支援を受けたいのであれば、株式会社の方がやや有利となるでしょう。なぜなら、株式会社は合同会社よりも知名度が高く、信頼を集めやすいからです。さらに、株主は出資額以上の責任、リスクを負わなくて済むので、安心して出資できるのも魅力です。

会社を設立する際、費用が少ないのは合同会社です。登録免許税は株式会社が15万円から、合同会社が6万円からです。株式会社の場合、更に定款の認証手数料が3万円~かかります。登録免許税も定款の認証手数料も資本金の額によって異なります。
合同会社は株主総会がないので、外部から意思決定を妨げられることがありません。社員だけで自由に経営したいのであれば、合同会社が向いています。

株式会社と合同会社で自分に合ったほうを選んで起業しよう

会社設立の形態は年々増えてきており、株式会社以外にも合同会社という選択肢が生まれました。株式会社は投資者の支援を集めやすく、合同会社は経営者の意思を反映しやすいのがメリットです。

起業、開業する際にはそれぞれの特徴をしっかり調べましょう。自分に合った形での会社設立をしやすくなるでしょう。