会社の事業目的

会社設立のきほんのき:事業目的

事業目的とは、会社が行なう事業の内容のことです。

会社は、定款に記載された事業のみを行なうことができます。定款に記載されていない事業を行なうには、定款変更が必要ですので、将来行なう予定の事業も記載しておきます。

あまり関連性のないものを記載しすぎると、会社の信用性に関わることもありますので、むやみやたらと多くしないようにします。

事業の内容によっては、許認可が必要なものがあります。その場合、その許認可が取れるような目的をきちんと入れておくことが必要です。監督官庁に確認を取っておくことをお勧めします。

目的は、具体的かつ明確なものでなければなりません。また、違法なものは目的にできません。一般的でないものの場合、事前に本店の所在地を管轄する法務局の登記官に確認してもらうことをお勧めします。

将来的に融資を受ける場合、不利な目的がありますので、入れないほうが良い場合もあります(例「金融業」など)。行なう可能性のある目的を全て入れた結果、融資を受けられないということもありえます。その点に気をつけましょう。

無料ダウンロード『ひとり株式会社設立マニュアル』

こんな方は、ぜひ『ひとり株式会社設立マニュアル』をご利用ください。
・株式会社を作ろうと思っている
・株式会社を作るには」何が必要か知りたい
・株式会社の設立手続きを知りたい

無料でダウンロードできます。

面倒な会社設立書類を5分で作成<会社設立 freee>

<会社設立 freee>を利用すると、会社設立に必要な書類を質問に回答するだけで全て作成することができます。
できた書類は印刷して法務局などに提出するだけ。書類作成費は無料です。

■公証役場に提出する書類(株式会社の場合)
・定款
■法務局に提出する書類
・登記申請書
・登録免許税納付用台紙
・就任承諾書
・発起人決議書(合同会社の場合は「代表社員、本店所在地及び資本金決定書」)
・払込を証する書面
・OCR用紙
・印鑑(改印)届出書
・登記事項証明書交付申請書
・印鑑カード交付申請書
・印鑑証明書交付申請書

会社設立書類を<会社設立 freee>で作成する

会社設立・起業相談無料

起業・会社設立について疑問や不安などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。起業後のことを一緒に考えてみませんか?

会社設立きほんのき
スポンサーリンク
会社設立・起業支援センター