株式会社の公告方法について

株式会社の公告する方法について

公告とは

公告とは各種の情報を広く一般に知らせることをいい、公告方法とは会社が公告をする方法をいいます。

公告方法は定款の相対的記載事項とされています。つまり、公告方法を定める場合は、定款で定めなければなりません。定款以外で定めても無効とされます。

公告の種類

株式会社がする公告には、次の3種類があります。

  1. 決算公告
    定時株主総会の終結後にする貸借対照表の公告です。
  2. 債権者異議申述公告
    債権者に対して異議申立てができる旨を公告するものです。
    資本金を減少させるときや吸収合併される場合などがあります。
  3. 株主等通知公告
    株式の併合などの場合にする株主への通知に代えてする公告です。

公告する方法

株式会社は公告方法として、次に掲げる方法のいずれかを定款で定めることができます。

  1. 官報に掲載する方法
    官報とは独立行政法人国立印刷局が発行する国の機関紙です。
    官報に掲載するには、数万円程度の費用がかかります。
  2. 時事に関する事項を掲載する日刊新聞紙に掲載する方法
    日本経済新聞や朝日新聞などの新聞に決算内容を掲載する方法です。
    費用が掛かりますから、小規模会社では通常はしません。
  3. 電子公告
    自社のホームページに決算書類を掲載する方法です。
    電子公告の場合、URLを登記しなければなりません、
    自社でホームページを運営している場合には費用がほとんどかからないというメリットがあります。
    一方、電子公告の場合5年間継続して公開しなければならないので、業績がよくないときの決算を掲載し続けなければならないというデメリットがあります。
    決算公告以外の公告を行なう場合、調査機関の証明書発行が必要です。

定款で公告方法を定めなかった場合は、官報に掲載する方法になります。

 

無料ダウンロード『ひとり株式会社設立マニュアル』

こんな方は、ぜひ『ひとり株式会社設立マニュアル』をご利用ください。
・株式会社を作ろうと思っている
・株式会社を作るには」何が必要か知りたい
・株式会社の設立手続きを知りたい

無料でダウンロードできます。

面倒な会社設立書類を5分で作成<会社設立 freee>

<会社設立 freee>を利用すると、会社設立に必要な書類を質問に回答するだけで全て作成することができます。
できた書類は印刷して法務局などに提出するだけ。書類作成費は無料です。

■公証役場に提出する書類(株式会社の場合)
・定款
■法務局に提出する書類
・登記申請書
・登録免許税納付用台紙
・就任承諾書
・発起人決議書(合同会社の場合は「代表社員、本店所在地及び資本金決定書」)
・払込を証する書面
・OCR用紙
・印鑑(改印)届出書
・登記事項証明書交付申請書
・印鑑カード交付申請書
・印鑑証明書交付申請書

会社設立書類を<会社設立 freee>で作成する

会社設立・起業相談無料

起業・会社設立について疑問や不安などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。起業後のことを一緒に考えてみませんか?

株式会社のつくり方
スポンサーリンク
会社設立・起業支援センター