飲食店を始めるために必要な許可は?

神奈川県川崎市の会社設立・起業支援センターです。

飲食店を開業するには、保健所から営業許可を取らなければなりません。

飲食店営業許可を取るには何が必要か?

飲食店営業許可を取るためには、以下のものが必要です。

  • 営業許可申請書
  • 法人の場合、登記事項証明書
  • 食品衛生責任者の資格を証するもの
  • 施設の図面
  • 食品衛生責任者設置届
  • 営業許可申請手数料

自治体により多少の違いがあります。

食品衛生責任者とは?

飲食店を開業する場合、食品衛生責任者を置かなければなりません。都道府県の条例で定められています。

食品衛生責任者になるには、調理師や栄養士などの免許が必要です。それらの資格がなくても、食品衛生責任者になるための講習を受ければOKです。

講習は、各地の食品衛生協会が開いています。日程・開催場所・申込方法などは、各協会のホームページで確認できます。全国どこの食品衛生協会で受講しても構いません。

申請から許可がおりるまでの流れ

以下は飲食店をオープンする時の、営業許可申請のおおまかな流れです。

  1. 保健所に事前相談する
  2. 食品衛生責任者を選任する準備をする
  3. 営業許可申請書などの必要書類に記入する
  4. 保健所に営業許可申請書を提出する
  5. 保健所の職員による施設の検査を受ける
    立ち会いが必要です
  6. 営業許可書が交付されたら保健所まで取りにいく

飲食店営業許可を取るなら法人がお勧めです

個人事業の場合、許可は事業主である個人に対して与えられます。

その許可を受けた個人が事業を誰か他の人、例えば息子に譲ろうとしたとします。

事業そのものを譲ることはできますが、飲食店営業許可を譲ることはできません。この場合は事業を譲り受ける人が改めて飲食店営業許可を受けなければなりません。

会社なら経営者が代わっても飲食店営業許可はそのまま継続できます

飲食店営業許可を会社で取っていれば、経営者が代わったとしても、飲食店営業許可をそのまま継続することができます。

飲食店営業許可を取って飲食店を開くなら、最初から会社にしておくと後々有利といえます。

会社設立・起業支援センターと飲食店営業許可申請

神奈川県川崎市の会社設立・起業支援センターでは、飲食業の会社の設立手続きを代行するだけではなく、飲食店営業許可の申請の代行もしています。

会社の設立も飲食店営業許可申請も、慣れない人にとっては大変なことばかりです。

あなたご自身が起業準備に専念することができるように、会社設立・起業支援センターがしっかりとご支援いたします。

店舗がまだ決まっていないなら、あなたのご希望の条件に合った物件を当事務所で探すこともできます。別途費用がかかります。

お気軽にお問い合わせください。