スポンサーリンク
デル株式会社

東京都府中市で会社を設立するには

会社設立・起業支援センターは、東京都府中市で会社を設立したいと考えている人たちを支援しています。

株式会社を設立するには、大きく分けて二つのステップがあります。定款認証と登記申請です。

株式会社を設立する場合、定款を作成した後に、公証人の認証を受ける必要があります。そのためには公証役場に行かなければなりません。

「会社設立・起業支援センター」では、行政書士があなたの代わりにそれらの手続を代行します。

あなた自身が法律用語に詳しくなくても、行政書士からの質問に答えていくことで定款の内容を決めることができ、その内容に基づいて、行政書士があなたが経営する会社の定款を作成します。

定款の認証を受けるには、本来なら定款には4万円の収入印紙を貼らなければなりません。会社設立・起業支援センターでは定款を電子文書(電子定款と言います)で作成するので、その4万円を節約することができます。

これが、会社設立・起業支援センターのサービスを利用するメリットの一つです。

東京都府中市での会社設立手続き

会社設立手続き1:定款認証

東京都府中市の公証役場の情報は以下の通りです。府中公証役場の他、東京都内(東京法務局管内)の公証役場でも定款の認証を受けることができます。

ちなみに、合同会社を設立する場合には、定款の認証を受ける必要はありません。

府中市の公証役場

名称所在地
府中公証役場〒183-0056
府中市寿町1-1-3 三ツ木寿町ビル2階
電話:042-369-6951 FAX:042-362-9075

最寄駅は、京王線府中(徒歩1分)またはJR南武線府中本町(徒歩12分)です。

会社設立手続き2:設立登記

無事に定款の認証を受けることができたら、次は法務局で会社の設立登記を行ないます。

株式会社の設立登記をするには、さまざまな必要書類があります。行政書士・司法書士が、あなたに連絡しながら、スムーズに会社の設立登記ができるようにしっかりとサポートします。

慣れない人がさまざまな書類を揃えるのは本当に大変だと思います。今までに株式会社を設立したことがない人は、戸惑うことばかりでしょう。

そのような戸惑いがストレスにならないように、「会社設立・起業支援センター」に任せてみたいと思いませんか?

法務局への登記申請もしっかりと行ないます。

「餅は餅屋」といいます。会社設立手続きは会社設立の専門家に安心してお任せください。

東京都府中市の会社設立登記は、東京法務局の府中支局に申請します。

東京法務局 府中支局情報

名称所在地
府中支局〒183-0052
府中市新町2丁目44番地
電話:(042)335-4753(代表)

設立登記を申請して、1週間程度で登記が完了します。設立登記が完了して初めてあなたの会社の誕生です。

会社の設立日は、設立登記を申請した日です。

会社の活動開始

無事に会社の登記が完了したら、いよいよ会社の営業活動を開始する段階です。

事業の内容によっては、営業するためには行政庁の許可などが必要なことがあります。許可などを受けないで営業すると罰せられることがあります。

許可などが必要な業種については、『監督官庁に許認可等の申請をする』を参照してください。

株式会社を設立する時必要な書類

株式会社の設立時に作成する必要がある書類は、概ね以下の通りです。

※状況によっては異なることがあります。

 

集客支援が付いた会社設立代行サービスとは
「会社設立にかかる費用を抑えたいから自分で会社を作る手続きをする」「会社設立代行業者なんてどこでも同じだからなるべく安い会社設立代行業者を選びたい」あなたはそう思っていませんか?川崎市の会社設立・起業支援センターでは、会社の設立手続の代行だけではなく、集客支援も行なっています。