月末タイムセール 大好評開催中!【日本HP】

トラック運送業の会社を設立するには

スポンサーリンク

トラックで起業・開業するには、国土交通大臣の許可を得なければなりません。

許可を得るためにはいくつかの要件を満たす必要があります。

会社を設立して貨物自動車運送事業を行なうには

会社を設立して貨物自動車運送事業をする時の手続きのおおまかな流れは次のようになります。

  1. 会社の設立基本事項を決める
  2. 公証役場で定款の認証を受ける
  3. 法務局に会社設立の登記を申請する
  4. 運輸支局に貨物自動車運送事業の許可申請をする
    (定款の認証後であれば申請できます)

1.~3.については、こちらを参照してください。

株式会社設立手続の流れ
株式会社の設立手続きは、概ね次のような流れで行ないます。1.設立事項決定→2.商号調査→3.発起人会議事録作成→4.定款作成および認証→5.会社印鑑作成→6.資本金払込み→7.設立時取締役等の選任および設立経過の調査→8.就任承諾書作成9.設立登記申請。そして、会社は設立登記をすることにより成立します。

トラック運送会社の定款に記載する事業目的

貨物運送の会社を設立するにあたっての留意点としては、定款の事業目的があります。

会社を設立して貨物運送を行なう場合、定款の事業目的には「一般貨物自動車運送事業」と記載します。

軽貨物での運送も行なうなら、「貨物軽自動車運送事業」も記載しておきます。

「貨物自動車運送事」でいい場合もありますが、運輸支局によって取り扱いが異なることがあります。「一般貨物自動車運送事業」と記載する方が確実です。

トラック運送会社の定款の記載例

(目的)
第○条 当会社は、次の事業を営むことを目的とする。
1.一般貨物自動車運送事業
2.貨物軽自動車運送事業
3.前各号に付帯又は関連する一切の事業

貨物自動車運送事業を始めるには

貨物自動車運送事業の許可申請先

営業所の住所を管轄する運輸支局に一般貨物自動車運送事業の許可申請書を提出します。

軽貨物運送を行なう場合は、許可申請とは別に貨物軽自動車運送事業の届出をします。

例えば、東京都や神奈川県の場合は下記の運輸支局です。

  • 東京都の場合
    東京運輸支局
    〒140-0011
    東京都品川区東大井1丁目12番17号
  • 神奈川県の場合
    神奈川運輸支局
    〒224-0053
    神奈川県横浜市都筑区池辺町3540番地

運送業の開業・経営に役立つ書籍の紹介

運送業の開業・経営に役立つ書籍をご紹介します。あなたの起業にお役立ていただければ幸いです。

『運送業で起業する人が最初に読む本』

運送業の経営を始めたいと考えている方が、何から準備をし、どのような手続を経て許可を取得し、実際にどんな経営をしていくのかを、わかりやすく解説している書籍です。

1つひとつの手続に関しては、役所の手引やインターネット情報で手に入れることは可能かもしれなません。しかしながら、運送業に関する諸手続やコンプライアンスに関し、ざっと概要を知ることができる手引書類の本は、他にないでしょう。

実際に著者が、クライアントとのやり取りの中で、どのような点に不安を持っているのか、何を知りたいのかに視点を当て、その疑問を解消できる内容を盛り込んでいます。

現在運送業を経営している数多くのクライアントからの依頼内容から、実際に直面するコンプライアンスに関する問題解決についても記載しています(2019年11月改正 貨物自動車運送事業法に対応)。

『運送業で起業する人が最初に読む本』の内容

第1章 運送業(一般貨物自動車運送事業)を始める前に
第2章 法人設立に関する手続
第3章 運送業(一般貨物自動車運送事業)許可の要件とは
第4章 許可取得から運輸開始まで
第5章 運送会社の運営について
第6章 より良い運送会社に育てていくために
第7章 車両1台でも、車両なしでも始められる運送関係事業
参考 建築基準法「用途地域等内の建築物の制限」

 

図解即戦力 物流業界のしくみとビジネスがこれ1冊でしっかりわかる教科書

コロナ禍の自粛期間中も日本経済を支えた「物流」。“経済の血管”と例えられる物流事業を営む業界について、本書は物流コストのしくみから、最新のビジネスモデルや業界が抱える課題まで幅広い情報を提供します。物流サービスを提供する企業への就転職を目指す方ばかりでなく、3PL事業者の新入社員、小売や卸などの事業会社で物流部門や物流子会社に配属された社員の方も対象としているため、「物流の入門書」としてもお読みいただけます。業界を俯瞰する客観的なデータだけでなく、物流業務に携わる者が身につけるべき知識を丁寧に解説します。

こんな方におすすめ

・物流サービスを提供する企業の就転職者
・サードバーティロジスティクス事業者の新人社員
・事業会社で物流部門や物流子会社に転籍された方

目次

Chapter1 物流のきほん
01 物流とは
02 商流と物流の違い
03 物流業界の市場規模
04 営業物流と自家物流
05 物流の6つの機能
06 輸送とは
07 保管・荷役とは
08 包装・流通加工とは
09 情報システムとは

Chapter2 移り変わる物流会社の役割
01 二極化する物流事業者
02 物流からロジスティクスへ
03 経営戦略とロジスティクス戦略
04 サプライチェーンの最適化
05 物流ネットワークの基礎知識
06 物流ネットワークの最適化
07 高まる物流センターの役割
08 巨大化する物流センター
09 物流子会社とは
10 サードパーティ・ロジスティクス(3PL)
11 元請と3PLの違い
12 経営資源を持たない物流事業者
13 物流の周辺事業

Chapter3 物流担当者が知っておくべき基礎知識
01 潜在化しがちな物流コスト
02 販売価格と物流費の関係
03 物流サービスと物流コストの関係
04 物流コストとは
05 物流コストは上流から考える
06 輸送で利益を生む
07 トラック運送の原価構成
08 物流センターの原価構成
09 物流管理とは
10 KPI(重要業績評価指標)による物流コストの把握
11 在庫管理
12 物流コンサルティング
13 物流改善に必要なマネージャー

Chapter4 業態別の物流のしくみ
01 製造業(自動車)の物流
02 製造業(化学品)の物流
03 住宅建材の物流
04 卸売業の物流
05 アパレルの物流
06 ドラッグストアの物流
07 コンビニエンスストアの物流
08 食品スーパーマーケット(冷凍・冷蔵)の物流
09 EC(電子商取引)の物流

Chapter5 一歩先を行く物流業界の先進企業
01 物流業界の先進企業
02 日本通運(総合物流企業)
03 センコー(総合物流企業)
04 日立物流(総合物流企業)
05 丸和運輸機関(中堅物流企業)
06 ヤマト運輸(宅配便企業)
07 西濃運輸(特別積合せ貨物運送企業)
08 ホームロジスティクス(物流子会社)
09 ニチレイロジグループ本社(物流子会社)
10 ASKUL LOGIST(物流子