出資金払込み

株式会社の設立時の出資金の払込みについて

出資金の払込みは定款の認証後に

定款の認証が終わったら、各発起人は、出資金の払い込みをします。この出資金の払い込みは、原則として定款の認証後にします。

この時点では、まだ会社名義の口座は作れませんので、発起人代表の口座に振り込みます。振込にする理由は、誰がいくら振り込んだかを明らかにするためです。

口座の名義人本人も同じ口座に自分の出資額を振り込みます。振り込んだという事実が必要です。自分の口座といえども、口座に残高があるだけでは、出資金とは認めてもらえません。

発起人がひとりなら、振込ではなく預入でも構いません。

払込証明書を作成する

各発起人の払込みが終わったら、「払込みがあったことを証する書面(払込証明書)」を作成します。

払込証明書には、以下の事項を記載します。

  1. 「当会社の設立により発行する株式につき、次のとおり全額の払込みがあったことを証明します。」という文言
  2. 払込みがあった金額の総額
  3. 払込みがあった株数
  4. 1株の払込金額
  5. 払込みを確認した日付
  6. 本店
  7. 商号
  8. 会社の代表者の記名・押印(会社代表者印で押印します)

払込証明書の書き方を知りたい方はこちらをクリックしてください。

通帳をコピーする

払込みを受けた口座の通帳の表紙や払込みがあったことがわかるページをコピーします。具体的には、以下のページです。

  • 通帳の表紙
  • 表紙の裏
  • 払い込んだ人と金額が分かるページ

払込証明書と通帳のコピーを綴じ合せる

払込証明書とこれらのコピーをステープラー(ホッチキス)で綴じて合わせます。この際、払込証明書を一番上にします。そして、すべてのページの継ぎ目に会社代表者印で契印します。
払込証明書の綴じ方

通帳がないネットバンク等の口座を出資金の払込に使いたい場合は、管轄の法務局に相談してください。

会社代表者印についてはこちらをご覧ください。

株式会社を設立する時必要な書類

株式会社の設立時に作成する必要がある書類は、概ね以下の通りです。

※状況によっては異なることがあります。

無料ダウンロード『ひとり株式会社設立マニュアル』

こんな方は、ぜひ『ひとり株式会社設立マニュアル』をご利用ください。
・株式会社を作ろうと思っている
・株式会社を作るには」何が必要か知りたい
・株式会社の設立手続きを知りたい

無料でダウンロードできます。

面倒な会社設立書類を5分で作成<会社設立 freee>

<会社設立 freee>を利用すると、会社設立に必要な書類を質問に回答するだけで全て作成することができます。
できた書類は印刷して法務局などに提出するだけ。書類作成費は無料です。

■公証役場に提出する書類(株式会社の場合)
・定款
■法務局に提出する書類
・登記申請書
・登録免許税納付用台紙
・就任承諾書
・発起人決議書(合同会社の場合は「代表社員、本店所在地及び資本金決定書」)
・払込を証する書面
・OCR用紙
・印鑑(改印)届出書
・登記事項証明書交付申請書
・印鑑カード交付申請書
・印鑑証明書交付申請書

会社設立書類を<会社設立 freee>で作成する

会社設立・起業相談無料

起業・会社設立について疑問や不安などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。起業後のことを一緒に考えてみませんか?

株式会社設立手続の流れ
スポンサーリンク
会社設立・起業支援センター