株式会社の印鑑届書

株式会社を設立する時の印鑑届書」の書き方について説明します。

株式会社の印鑑届書の書き方について

株式会社の設立登記をするには、株式会社の代表者印(会社実印)を作り、本店所在地を管轄する法務局に印鑑を届け出なければいけません。印鑑を届け出るために提出する書類を「印鑑届書」といいます。

株式会社の会社印について知りたい方はこちらをご覧ください。

届け出る印鑑は、「直径3cm以内」「内円の直径は1cm以上(内円がある場合)」と大きさが決められています。

株式会社の印鑑届書の記載例

印鑑届出書記入例

印鑑届書記入のポイント

  1. 届け出る株式会社の代表者印を押印します。鮮明に押印してください。
  2. 商号を省略せずに記入します。
  3. 本店所在地を記入します。住所は1-2-3のように省略してはいけません。
  4. 資格は「代表取締役」を選択します。社長などと記載してはいけません。
  5. 代表者(代表取締役)の氏名を記載します。
  6. 代表者(代表取締役)の生年月日を記載します。
  7. 届出人をチェックします。
  8. 届出人の住所を記入します。通常は会社代表者が届け出るので、代表取締役の住所です。
  9. 届出人の氏名を記入します。通常は会社代表者が届け出るので、代表取締役の氏名です。
  10. 届出人個人の実印を押印します。鮮明に押印してください。
  11. 印鑑証明書は登記申請書に添付のものを援用するので、チェックします。

株式会社を設立する時に必要な書類

株式会社の設立時に作成する必要がある書類は、概ね以下の通りです。

※状況によっては異なることがあります。

集客支援が付いた会社設立代行サービスとは
「会社設立にかかる費用を抑えたいから自分で会社を作る手続きをする」「会社設立代行業者なんてどこでも同じだからなるべく安い会社設立代行業者を選びたい」あなたはそう思っていませんか?川崎市の会社設立・起業支援センターでは、会社の設立手続の代行だけではなく、集客支援も行なっています。

会社設立・起業相談無料

起業・会社設立について疑問や不安などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。起業後のことを一緒に考えてみませんか?

株式会社のつくり方
スポンサーリンク
会社設立・起業支援センター